【インタビュー】『影に抱かれて眠れ』中村ゆり「物質的な豊かさよりも、人としての尊厳を大事にする主人公の生き方がカッコいい」

【インタビュー】『影に抱かれて眠れ』中村ゆり「物質的な豊かさよりも、人としての尊厳を大事にする主人公の生き方がカッコいい」
北方謙三のハードボイルド小説『抱影』を映画化した『影に抱かれて眠れ』が9月6日から丸の内TOEI2、横浜ブルク13他全国順次公開中だ。舞台は横浜の野毛。硲冬樹(加藤雅也)は、数軒の酒場を経営しながら…

 北方謙三のハードボイルド小説『抱影』を映画化した『影に抱かれて眠れ』が9月6日から丸の内TOEI2、横浜ブルク13他全国順次公開中だ。舞台は横浜の野毛。硲冬樹(加藤雅也)は、数軒の酒場を経営しながら抽象画家として活躍していた。だがある日、冬樹は裏社会に飲み込まれた少女を救出するNPOの活動をめぐって、ある事件に巻き込まれていく…。長年「相棒」シリーズを手掛けてきた名匠・和泉聖治監督の下、加藤雅也、EXILEの松本利夫らが集結した本作は、数多い近年の日本映画とは一線を画す「男」の物語だ。その中で、主人公・冬樹と純愛で結ばれた人妻・永井響子を演じて一際強い輝きを放つのが中村ゆり。撮影の舞台裏や自身が感じた作品の魅力を語ってくれた。

-台本を読んだときの印象は?

 とても新鮮でした。今まであまり触れてこなかったジャンルの作品でしたが、やはりハードボイルド=男のロマンなんだな…と。アウトローな男たちの物語でありながら、社会的な弱者を描いている点にも魅力を感じました。

-響子を演じる上で心掛けたことは?

 まず考えたのは、主人公の冬さん(=硲冬樹)にとって、どういう存在であるべきか、ということ。彼にとって響子は、自分の理想を具現化したような女性です。どこにも属さず、孤独を好んで生きている冬さんが安心できる、包み込むような存在。そこには、母親のような部分が求められるでしょうし、娘を思わせる一面もある。そういう意味では、「もしかしたら、実在しないのかも…」と思わせるぐらいの、象徴のような存在でいいのかな…と。

-和泉監督とは、役についてどんなお話を?

 同性としては、響子はちょっと「あざとい」と感じる部分もありました。でも、和泉監督が「大丈夫だから」とおっしゃってくれて…。和泉監督とは以前、別の作品でもご一緒したことがあります。そのときも切ない男女の物語だったのですが、「男っぽいけど、人間の感情の機微をよく見て、色気のある大人の物語にしてくださる方だな」という印象がありました。だから今回も、「監督がそう言うなら大丈夫だろう」と信じて演じました。

-硲冬樹役の加藤雅也…
更新日:2019年9月30日
提供元:もっとエンタメ

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME