top_line

松坂桃李&松岡茉優、“オタ”感溢れる特技が話題

モデルプレス

【モデルプレス=2019/09/24】俳優の松坂桃李と女優の松岡茉優が24日、日本テレビ系情報番組『バゲット』(月~木、あさ10時25分)にVTR出演。それぞれの特技について明かした。

松坂桃李・松岡茉優(C)モデルプレス
◆松坂桃李&松岡茉優、特技を告白

松坂桃李(C)モデルプレス
映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)に出演している2人は 「私は〇〇の天才だ!」というテーマで、特技を紹介。

松坂は「アニメで使われたBGMを一瞬で答えられる」と明かし、「あれ?これガンダムUC(ユニコーン)だな。みたいな」と2016年に放送されたアニメ『機動戦士ガンダムUC』のBGMを例に挙げた上で、バラエティ番組で使われているものもすぐに気付くそう。

続けて「その番組に携わっているスタッフさんとはたぶん仲良くなれる」と笑顔で語った。

松岡茉優(C)モデルプレス
一方で、モーニング娘。やアンジュルムのファンであることを公言している松岡は「私はハロー!プロジェクトのアイドルが好きで」とニッコリ。

そして特技について「ソロは当たり前として2人までだったら誰と誰って分かります!」とハロー!プロジェクトメンバーの声を聞き分けられるそう。

「いや~ヤバいわ~みたいなのはありますね」と実際に音楽を聞いている姿を再現しつつ、「聞いた時に耳が分かるのは天性の才能ですか?」と尋ねられると「努力ですね。次は3人に挑戦したいと思っております」と話し、共演者を笑わせていた。

この放送にファンからは「桃李くんのBGM当てる特技分かる(笑)親近感湧く」「ユニコーン好きなの同じ!嬉しい~~」「茉優ちゃんファンの鑑。憧れでしかない」「努力あっての特技なんだね」「2人ともしっかりオタクなところ大好き」などの反響がSNS上であがっている。
◆映画「蜜蜂と遠雷」

松岡茉優・松坂桃李(C)モデルプレス
「映像化は不可能」と言われた恩田文学の集大成である本作は、国際ピアノコンクールを舞台に、世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、そして成長を描いた物語。

かつて国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、「ピアニスト」になることから長らく逃げてきた元天才少女・栄伝亜夜を松岡、社会人となり妻子を持ちながらも夢を諦めきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした高島明石を松坂が演じる。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング

ジャンル