top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ナイツ塙宣之「M-1」注目は「からし蓮根」と「たくろう」

SmartFLASH

 

 2008年から3年連続で「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)の決勝に進出したナイツ。そんなナイツのボケ担当・塙宣之(41)が、去年の「M-1グランプリ2018」で初めて審査員を務めた。
 プレイヤーと審査員の両方を経験した塙に、現在、予選まっただ中の「M-1グランプリ2019」の展望を聞いた。

 

――去年のM-1で審査員をやってみて、初めて気づいたことはありますか?

 

広告の後にも続きます

 

塙 意外に家で見てる方が客観的に見られるんですよ。あの場の空気はあんまり落ち着いて見られないというか……。もちろんちゃんと見てはいたんですけど、なんか最初は緊張感でフワフワしてましたね。
 ということは、後半に出てくるコンビの方が有利じゃないかなと思います。審査員がより集中して見てるから。

 

――審査員でも緊張するんだったら、漫才をやる側はかなり緊張しますよね。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル