top_line

フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキングのショー内容1【アメリカ】

ワウネタ海外生活


フロリダ(Florida)のウォルトディズニーワールド(Walt Disney World)にあるアニマルキングダム(Disney's Animal Kingdom)で大人気のショー「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング(Festival of the Lion King)」のショー内容をご紹介します。

プレショーが終わった後は、本格的にショーが始まります。


シンガーたちがイントロダクションを始め、その後ダンサーたちが入場します。シンガーもダンサーも皆さん色鮮やかなコスチュームとメイクで同じ人がいないので、個人的にはお気に入りの衣装です。


このショーの良い部分は、映画「ライオンキング(The Lion King)」で流れる音楽や歌が沢山登場することです。


まずは「サークル・オブ・ライフ(The Circle of Life)」が流れてから幕が開きます。最初で結構鳥肌立ちました。それくらい歌が上手です。


その後一気に明るくなって「王様になるのが待ちきれない(I Just Can't Wait to be King)」の曲に合わせてフロートが登場します。
こちらも各ブロックの動物たちが乗っているフロートでそのセクションのところに付くコンセプトも素敵です。


ライオンセクションには「シンバ(Simba)」が、またイノシシセクションには「プンバァ(Pumbaa)」がいるのも可愛いです。

シンバもプンバァもフロートの上でお話しますし、ティモン(Timon)はあちこち動きながらお話します。

竹馬に乗ったように背がとても高いスティルトウォーカーたちが踊っている間に舞台上ではセットが組まれていきます。

この後どんなシーンになるのか楽しみです。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル