top_line

広瀬すず、デスメタル女子大生役で主演! 堤真一&吉沢亮と共演する映画『一度死んでみた』が公開へ

SPICE

映画『一度死んでみた』が2020年3月20日(金)に公開されることが決定。あわせて、特報映像とビジュアルが解禁されている。

『一度死んでみた』は、ソフトバンクの「白戸家」シリーズなどで知られるCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光氏が脚本を手掛け、au「三太郎」シリーズなどのCMを手掛けるCMディレクター・浜崎慎治氏が映画で初監督を務めるコメディ。主演に広瀬すずを迎えた、オリジナル作品だ。


『一度死んでみた』第一弾ポスタービジュアル (C)2020 松竹 フジテレビジョン



本作で描かれるのは、デスメタルバンドでボーカルをしている女子大学生の七瀬(広瀬すず)が、仮死状態となった父親を救おうと奮闘する物語。父親・計を嫌う七瀬は、ある日バンドのライブで「一度死んでくれ!」と不満をシャウト。実は“2日間だけ死んじゃう薬”を飲み、仮死状態になっていた計だが、彼をそのまま亡き者にしようという陰謀によって、火葬されることに。七瀬は、父を救うため、計の部下で存在感のない松岡とともに奔走する。

解禁されたポスターおよびビジュアルでは、髪を半分ピンクに染め、全身デスメタルの衣装に身を包んだ広瀬の演じるヒロイン・七瀬の姿を公開。NHK連続テレビ小説『なつぞら』で演じたヒロインとは異なる魅力を発揮している。

 


また、特報には、広瀬が「今死んだらぶっ殺すわよ!」と叫んだり、人差し指を上に突き出したデスポーズやハイキックを披露する様子も収められている。本作では、七瀬の父・計役で堤真一、計の部下・吉岡役で吉沢亮が共演。特報では、七三分けでアクの強い父親ぶりを見せる堤と、長い前髪とメガネ姿で、端正な顔面の存在感を押し殺した吉沢の様子も確認できる。

『一度死んでみた』は2020年 3月20日(金)公開。

TOPICS

ランキング

ジャンル