top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

2位窪田正孝!怪演が見事だった俳優って?

JOOKEY

視聴者から見ても役作りが大変そうな役は多いですが、中でも普通とはちょっと違う演技を求められる役はさらに難しそうですよね。見事に演じ切ると役者として箔が付くケースも。今回は怪演が見事だった俳優をピックアップ。ランキングでご紹介します。

 

■質問内容

怪演が見事だった俳優はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:藤原竜也(デスノート、バトルロワイアル、るろうに剣心) 34.0%

2位:窪田正孝(デスノート) 20.0%

3位:松たか子(告白) 15.0%

4位:阿部サダヲ(踊る大捜査線) 13.0%

5位:神木隆之介(SPEC) 9.0%

5位:木村多江(あなたには帰る家がある) 9.0%

7位:水野美紀(奪い愛、冬) 8.0%

7位:東出昌大(あなたのことはそれほど) 8.0%

9位:伊藤英明(悪の教典) 7.0%

9位:松嶋菜々子(砂の塔~知りすぎた隣人) 7.0%

 

 

●1位:藤原竜也

1位に選ばれたのは『デスノート』『バトルロワイヤル』『るろうに剣心』の3作品で見事な怪演を魅せた藤原竜也さんです。デスノートで殺人鬼・夜神月を演じた際はその演技力が話題となりましたよね。声を震わせながら叫ぶシーンなど、印象的なシーンも数多く作り出しました。『るろうに剣心』では主人公の最大の敵、志々雄真実を演じ全身包帯巻きで登場。狂気な姿で迫力ある太刀をこなし「藤原さんだからできた役」という声も多かったようです。他の作品でもいわゆるイカれ役に選ばれている様子を見ると、藤原さんの怪演は最大のセールスポイントと言えそうです。

 

●2位:窪田正孝

2位には1位と同じく『デスノート』で夜神月を演じた窪田正孝さんがランクイン。2018年にテレビドラマとして放送され、原作とは異なるストーリーを交えた新たな作品となっています。原作では天才であった夜神の設定もドラマ版では普通の大学生に変更。当初は否定的な意見もあったようですが、次第に殺人鬼・キラとして狂気を帯びていく様子は視聴者を虜にしていきました。男性ながらも可愛らしい笑顔を魅せる窪田さんの怪演に、意外性を感じる視聴者も多かったようです。

 

●3位:松たか子

3位には映画『告白』で主演を務めた待つ松たか子さんが選ばれえました。娘を殺された教師役で登場し、娘のいたクラスの生徒たちを相手に真相を暴いていく役どころを演じています。淡々と語りかけながら犯人の生徒に復習していく様子は、見ている人に恐怖と違和感を与えました。松さんは雑インタビューで「どう思われてもいいと割り切り、覚悟をもって臨んだ」という旨を語っています。普段の松たか子さんからは想像できない怪演ぶりは必見です。

 

 

●怪演は誰でもできるわけじゃない?

怪演をもとめられるキャラクターは通常の人が持ちえない間隔を持ち、異質な存在として作品を引っ張っていく重要な役どころであるようです。だから見事に演じたときは高く評価され、「この人にしかできない!!」と思わせるのでしょう。高い演技力が求められるので、誰でもできるわけではなさそうですね。

 

 

HORANE調べ 2019年9月 調査対象:10~40代の男女

 

TOPICS

ランキング

ジャンル