「PCエンジンmini」プレイレポ―『スナッチャー』など伝説のタイトルに触れてきた!【TGS2019】

「PCエンジンmini」プレイレポ―『スナッチャー』など伝説のタイトルに触れてきた!【TGS2019】
東京ゲームショウ2019コナミブースに出展されていた「PCエンジンmini」のプレイレポをお届け。国内34本+海外24本はボリューミー。

「PCエンジンmini」プレイレポ―『スナッチャー』など伝説のタイトルに触れてきた!【TGS2019】

東京ゲームショウ2019コナミブースにてプレイアブル出展された「PCエンジンmini」のプレイレポートをお届けします。

コナミブースの一角に設置された円形のスペースには、待機列の途中にPCエンジンのロゴが記載されたTシャツと「TurboGrafx-16」、「PCエンジンコアグラフィックス」、「CD-ROM2+インターフェイスユニット+PCエンジン」、「PCエンジンmini」とマルチタップが展示。オリジナルのPCエンジン本体とminiを見比べてみると多少小さくなっていることがわかります。



試遊時間は15分。まずは小島秀夫監督の『スナッチャー』をプレイしました。15分という時間ではジャン・ジャック・ギブスンから緊急連絡が入るシーンまでプレイ出来なかったものの、プレイそのものは快適でCDのロード時間がほぼありませんでした。グラフィックも美麗で、PCエンジン特有のノイズもなく高音質なところも特筆に価する魅力でしょう。特にCD-ROM2タイトルはロード時間の長さが目立っていたため、半導体の進化を感じさせてくれます。

『スナッチャー』にはもちろん小島監督の名前も

PCエンジンminiのコントローラーはオリジナルにほぼ近い質感を持っているようにも思えましたが、『スナッチャー』のシューティングレンジをプレイした際に十字キーの斜め入力の反応が良くなく、かなり力を込めないと中央に戻ってしまうことが多々ありました。この状況は公式も認識しており、試遊したユーザーを対象に意見を求めています。


今日試遊された方にお願いです。コントローラーの斜め入力について、ご意見を伺いたく思います。気になったことがあった方は、直接コメントを頂ければ拝見させていただきます。どこまで対応できるかはわかりませんが、できる限り良くしたいと思います。#PCエンジンミニ#斜め入力について語る— PCエンジン mini公式@2020年3月19日発売 (@PCEngine_Mini) September 14, 2019 「PCエンジンmini」のシステム面に目を向けてみると、内部システムの選択や、名前が出ていなかったものの5種類のスクリーン設定を確認できました(スクリーン設定は恐らく通常、4:3、ドットバイドット、フルスクリーン、PCエンジンGT)。海外版へのアクセスは、通常の画面右下にある「TurboGrafx-16」のアイコンを選択するだけ。国内タイトル+海外タイトルが収録されるというお得感は大きく、『PC電人』や『R-TYPE』を遊べるのは嬉しいところです。


「PCエンジンGT」のフレームも選択出来る。筆者は一度だけ「PCエンジンGT」実機を見たことがあったが、単三電池6本使うという燃費に驚いた。ちなみにこのフレームはCD-ROM2タイトルにも適応可能



ここでひとつ面白い機能をご紹介。CD-ROM2タイトルはPCエンジンが持つシステムカードを「システムカードVer.2.1」にダウングレードした状態での起動も可能(セレクト+Iボタン)で、システムカードのバージョン違いに応じた警告画面も表示されるという、オールドゲーマーには嬉しい機能もありました。






「PCエンジンmini」は、2020年3月19日に発売予定。価格は10,500円(税抜)です。収録タイトルは国内/海外タイトルを合わせて58本です。

更新日:2019年9月15日
提供元:Game*Spark

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME