怪獣公園を散策する ボマルツォ【イタリア】

怪獣公園を散策する ボマルツォ【イタリア】
ローマから北に100キロほど行ったところにあるボマルツォ。コロンナ家と並んでローマ貴族の雄といわれたオルシーニ家の宮殿が残るまちです。

ローマから北に100キロほど行ったところにあるボマルツォ。
コロンナ家と並んでローマ貴族の雄といわれたオルシーニ家の宮殿が残るまちです。

そのオルシーニ家の一人が、愛する妻に捧げた公園がボマルツォに存在します。
1546年に結婚したオルシーニ家のピエール・フランチェスコが、妻のジュリアのために1552年から造成をはじめた庭園です。

琴瑟相和す仲であったという二人のために、当時の最も高名な建築家ピッロ・リゴーリオによって設計されました。

しかし、二人の愛がどのようなものであったのか、頭から「?」が出てくるくらい不思議な公園。造成当時は、「聖なる森」と呼ばれていたそうです。


現在はその摩訶不思議さから、「怪獣公園」と呼ばれているこの広大な庭園には、グロテスクな彫像、傾いた家屋など不思議なものにあふれています。

庭園は長年放置されていましたが、近代になって整備されて現在に至ります。傾いた家屋は、内部にはいると吐き気を催すほど自律神経が乱れます。ご注意ください。


はじめて見る人にはちょっと怖い怪獣公園ですが、自然に囲まれた広大な土地のため家族連れも数多く訪れます。首都ローマから気軽に日帰りできる距離も、ローマっ子には人気。

更新日:2019年9月28日
提供元:ワウネタ海外生活

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME