栃木県民が「とちおとめ」を使用した『いちごのカレー』を食べてみた結果 → 栃木のイチゴはさすがだぜ! ブラボー!!

栃木県民が「とちおとめ」を使用した『いちごのカレー』を食べてみた結果 → 栃木のイチゴはさすがだぜ! ブラボー!!
「とちぎ~けん♪ われらの~♪ われら~のふる~さと~♪」 これはある歌詞の一部分だが、栃木県民なら音程付きで […]

「とちぎ~けん♪ われらの~♪ われら~のふる~さと~♪」 これはある歌詞の一部分だが、栃木県民なら音程付きでピンときたはずだ。そう、これは栃木の「県民の歌」なのである。そしてこの歌詞が分かるということは、当然私も栃木県民。生まれも育ちも栃木県だ!

そして栃木県の自慢の名産品といえば、イチゴの「とちおとめ」。全国的にも有名な「とちおとめ」だが、実は「とちおとめ」を使用した『いちごのカレー』という商品があるのはご存じだろうか? 今回栃木県民を代表して、名産品が使われているこの『いちごのカレー』を食べてみることにした!

・北野エースで発見

私が『いちごのカレー』を発見した場所は、個性派スーパー「北野エース」で値段は税抜き550円。色々な商品が並んでいる中で、『いちごのカレー』は売れ筋商品が置かれる棚に陳列されていた。

またパッケージにはカレーの文字とイチゴの写真が大きく載っているため、インパクト大であるが、おふざけ感は一切無い。パッケージの文に「甘酸っぱさが新しい、美味しいカレーを作りました」と書いている通り、真剣に『いちごのカレー』を追求した商品のようだ。

・見た目も香りも普通のカレー

作り方は普通のレトルトカレーと同様に、袋から出してレンジで温めるか、湯せんするかのどちらかで熱を通す。私はレンジを使用したので、お皿に出す際に匂いを嗅いでみたところ普通のカレーだった。甘い香りも、変わった香りも一切しない。

温めてからも匂いを嗅いでみたが、やはり普通のカレー。目視で「これがイチゴ」と分かる具材も無く、『いちごのカレー』と言わずに出されたら絶対に気付かないだろう。ならば、自分の味覚で探してみるしかない! というわけでまずは一口。

もぐもぐ……もぐもぐ……もぐもぐ……

もぐもっ……む、むむっ!?  

こっ……これはっ……

      「とちおとめ」だ! / / / / / /

・「カレー」×「とちおとめ」の相性は◎

食べると不思議な感覚になるカレーであった。最初はただの甘いカレーなのに、徐々に「とちおとめ」の果実や種と遭遇していく。そうして「とちおとめ」がぶわっと口の中に広がり、フルーティーな甘さが加わっていく。とても不思議だが、それが美味しいと感じるのだ。

表現が難しいが、イチゴという食材はスパイスと似ている。クセはあるし、ちゃんとイチゴ。イチゴ味のカレーといっても間違いではないくらいのイチゴ感なのに、カレーとしてのバランスは非常に良い。肉やジャガイモなどの具材と共に、違和感なくカレーの一部になっている。

・甘口カレー好きにオススメ

『いちごのカレー』とは「とちおとめ」の特徴である「甘み」を活かした、とても美味しいカレーだった。栃木県で生まれ育った身としては、名産品が新たな商品になっていくことは喜ばしい。そして、カレーにまで合ってしまう「とちおとめ」のポテンシャルが誇らしい!

なお、『いちごのカレー』は栃木県のみならず全国でも購入できるそうだ。特に甘口のカレーが好きな人や、小さな子供にはオススメだから、気になる人は是非食べてみてくれ~!

Report:mai
Photo:RocketNews24.

更新日:2019年9月16日
提供元:ロケットニュース24

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(グルメ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME