結婚焦りは禁物!?彼がプレッシャーに感じる女性の言動3つ

結婚焦りは禁物!?彼がプレッシャーに感じる女性の言動3つ
付き合っても結婚までいかない…なんてお悩みの女性も多いのではないでしょうか。 それは結婚を焦っているように見える言動が多いからかもしれません。 男性は結婚に対して敏感です。そんな男性に対して結婚を焦っているような言動をと […]

付き合っても結婚までいかない…なんてお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

それは結婚を焦っているように見える言動が多いからかもしれません。

男性は結婚に対して敏感です。そんな男性に対して結婚を焦っているような言動をとるとプレッシャーになってしまうかも。

最悪、お別れなんてこともあり得ます。

では男性にとってどんな言動がプレッシャーになっているのでしょうか?

付き合い初めに友人や家族に会わせようとする

「付き合い始めたばかりの頃に彼女の親しい友人を交えた食事をしたことがあります。

その時に彼女がいかにいい人でいい奥さんになるかと友人たちから散々聞かされ、本人もまんざらではない様子でした。

食後、次は家族とも会ってみて!と言われ……。僕としてはまだまだ関係が始まったばかりだったので少し重く感じてしまい、結局別れました」(28歳/IT関係)

外堀を埋められていくと男性は逃げ場が無くなってしまい、身動きが取れない状況に!

プレッシャーに耐えられる男性ならいいでしょうが、付き合い初めのころに友人や家族に紹介するのは時期尚早です。

タイミングを間違えないように気をつけて!ただし、しっかりと時間をかけて信頼関係を築けたときには有効な場合もあります。

例えば少し押しの弱いタイプの彼なら、自分の親しい友人や家族に会わせることが結婚への大きな後押しになるでしょう。

まだ早い!自分の将来設計の詳細を語る

「付き合っている彼女は僕よりも4歳年上で、20代後半。彼女の理想では20代後半で2人の子どもを産みたいのだとか。

何気なく話しているようでしたが、こちらとしては結婚もしていない相手にそこまで話さなくても……と結婚へのプレッシャーを感じました。

結婚の可能性を考えていないわけではありませんが、その質問に答えると結婚を約束したような形になると思ってとっさに濁してしまいました」(24歳/営業)

将来のことを話すのは楽しいものですが、具体的すぎる内容は逆にプレッシャーになるようです。

特に年齢を出して自分の理想を語ると、相手にとっては押し付け感があり、プレッシャーに感じてしまうことも。

楽しい恋愛期間は結婚後の二人の関係にも影響を及ぼす大切な時期。

理想どおりにいかないのが恋愛の醍醐味、ぐらいに捉えて、将来の話は彼の様子を見ながらしてみて。

結婚というワードがよく会話に出てくる

「結婚ラッシュで独身者が周りからどんどんいなくなっていく中、彼女との会話の中に『○○ちゃんも今度結婚するって』『会社の先輩も結婚が決まった』など結婚というワードが多くなってきました。

交際歴は長い方だったので、結婚というワードに重みとプレッシャーを感じました……」(27歳/公務員)

周りが結婚するとどうしても自分たちは?と考えてしまう女性は多いもの。

特に交際期間が長いと彼女としては結婚する気があるのか?と不安になってしまう人もいるでしょう。

でも、遠回しに結婚というワードを連発しても彼はただただプレッシャーを感じてしまうだけかも。

彼との関係が良好なのであれば、変なプレッシャーを与える前に思い切って2人の将来について話をしてみるのも方法です。

彼の気持ちに寄り添った余裕のある言動を心掛けて

結婚を焦る気持ちは分かりますが、結婚は相手があってのもの。相手の気持ちを無視した言動は控えるようにしましょう。

『私はあなたを信じています!』くらいの余裕のある言動が日頃からできれば、逆に『この人を放しちゃいけない!』と彼から結婚の話を切り出してくれるかも。

追うよりも追われるような状況に持って行けると理想的ですね。

(愛カツ編集部)

更新日:2019年9月16日
提供元:愛カツ

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME