top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

飯豊まりえ、『サイン』撮影終了に涙「チームの一員になれた」

SmartFLASH

涙のあとに笑顔をみせたクランクアップ

 

「松雪(泰子)さんは、目が合うと『大丈夫だよ』ってサインを送ってくださるんです。(大森)南朋さんは、一緒のシーンが多かったんですけど、最初から “阿吽の呼吸” というか、絶対的な信頼感がありました」

 

 9月12日、ついに最終回を迎える木曜ドラマ『サイン−法医学者 柚木貴志の事件−』(テレビ朝日系)。こう現場を振り返ったのは、猪突猛進の新人の解剖医・中園景役を好演した飯豊まりえ(21)だ。

広告の後にも続きます

 

 

「私はまったく知らなかったんですけど、解剖することによって、犯罪抑止の役目があったりと、解剖医というお仕事の大切さを知りました。

 

 収録の前に南朋さんと一緒に、解剖方法や死因究明について教わったんですけど、解剖医の方が監修でついてくださったので、そんなに苦労はしませんでした。医療系はセリフが難しいといわれるんですが、むしろ刑事役のときのほうが大変でしたね」

 

  • 1
  • 2

TOPICS