top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オダギリジョー、映画監督デビューのきっかけは「健康診断」

SmartFLASH

 

 9月9日、俳優のオダギリジョーが都内で会見を開き、自身が初監督をつとめた映画『ある船頭の話』について語った。

 

 長い間俳優として活躍してきたオダギリだが、当初は映画監督を目指していたという。

 

広告の後にも続きます

 これまで映画を撮らなかった理由について、「いくら作りたいと思っても、俳優の立場を利用する形で、甘えて撮るのはいいことではないと思って。いくら本気で映画に向かっても『俳優オダギリジョーが作った』というフィルターがかかって、フェアな評価をいただけない気がした」と語った。

 

 

 そんなオダギリが監督業を決意したのは、意外にも健康診断だったという。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル