浦和学院vs与野

1年生中心の新生・浦和学院、与野に辛勝し県大会へ三奈木(浦和学院)【試合の様子をギャラリーでチェック!】 浦和学院の新チームはスタメンのほとんどが1年生である。もちろん各々ポテンシャルは高いのだが、果…
1年生中心の新生・浦和学院、与野に辛勝し県大会へ

三奈木(浦和学院)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 浦和学院の新チームはスタメンのほとんどが1年生である。もちろん各々ポテンシャルは高いのだが、果たして公式戦で安定したプレーを見せることができるかは経験がないだけに未知数だ。そんな不安を抱えた浦和学院の代表決定戦、相手は新人戦で大宮東相手に1点差のゲームを演じた与野だ。

 先発は与野がエースの遠井創汰(2年)、一方浦和学院は左腕の廣咲悠雅(2年)が登板し試合が始まる。

 まず初回、与野は浦和学院・廣咲の立ち上がりを攻め立て、先頭の遠藤大介(1年)が死球で出塁すると、続く土井秀寛(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。ここで3番・上田裕大(2年)、4番・葛城が連続四死球を選び一死満塁と絶好の先制機を迎える。二死後、浦和学院・廣咲の二塁牽制が悪送球となり与野が労せず1点を先制する。だが、後続が倒れこの回の攻撃は1点で終える。

 与野は2回表にもこの回先頭の竹村大翔(2年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く倉林凌大(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。さらに9番・遠藤佑亮(1年)の所で二走・竹村が三盗を決め一死三塁とする。ここで与野ベンチは遠藤佑に対しスリーバントスクイズの指示を出すが、結果はサードフライ併殺に終わり追加点を奪うチャンスを逸する。

 浦和学院・廣咲はその後も一向に立ち直る気配が見られない。3回表、先頭の遠藤大介に四球を与えた所で二巡目を迎え毎回先頭打者を出していることもあり浦和学院ベンチはここで早くも廣咲を諦め、エースの三奈木亜星(1年)にスイッチする。三奈木はその後のピンチを凌ぎ1対0のまま序盤を終える。



遠井(与野)

 一方の浦和学院は序盤こそ与野・遠井の好投もあり無得点に抑えられていたが、二巡目を迎えた4回裏、反撃を開始する。一死から代打・菅野椋羽磨(2年)が死球で出塁すると、続く三奈木がセンター越えのタイムリー二塁打を放ち、まず1点、さらに5番・吉田瑞樹(1年)、6番・高松陸(1年)が連続死球を選び一死満塁とチャンスを広げる。ここで代打・茂原亨一朗(2年)がレフト前2点タイムリーを放ち与野のエース遠井をマウンドから引きずり降ろす。結局この回一挙3点を奪った浦和学院が一気に3対1とし逆転に成功する。

 その後は共に2番手として登板した与野・腰塚涼(2年)と浦和学院・三奈木が好投する。

 まずは腰塚だが、右アンダー気味の位置からの変則的なフォームで緩急をつけ、変則が苦手の浦和学院打線に対し、毎回のように走者こそ出すが、持ち味である打たせて取る投球で後続を打ち取る。一旦活気が出ていた浦和学院打線を鎮めて見せた。

 一方の浦和学院のエース三奈木もMAX140km近い直球を武器に与野打線を寄せ付けない。代わった3回途中から最終回まで与野打線を1安打8奪三振無失点に抑える好投を見せる。

 結局浦和学院がそのまま3対1で逃げ切り県大会へ駒を進めた。



三奈木のタイムリーツーベース(浦和学院)

 まずは与野だが、これ以上ない試合の入りであったが、中盤で逆転され必死に食らいついていったが、最後まで打線が爆発することはなかった。悔やむべきなのは相手がエラーなどで動揺している序盤で一気に追加点を奪えなかったことか。それでも投手陣は遠井、腰塚の2枚が安定しており、浦和学院が相手でもロースコアに持ち込めたのは今後へ向け収穫であろう。
 むしろ課題は打線であろう。3番・上田はセンスを感じる功打者であるだけに彼を中心とし、その前後を打つ打者が更なるパワーアップを心掛ければ打線もつながりを見せるであろう。

 一方の浦和学院だが、期待の1年生、エースで4番の三奈木は獅子奮迅の活躍を見せたが、チームレベルで見るとこの日の浦和学院は3失策とやや精彩を欠いた。牽制のタイミングが合わなかったり、フライを落球したりと、これまでの浦和学院ではありえないようなシーンが見受けられる。このような拙いプレーに引っ張られたか打線も爆発することなく終わったのは今後へ向けての不安材料か。
 若いチームは勢いに乗れば手が付けられなくなることもあるが、受けに回ると脆さも見せる。エースで4番の三奈木は別格として、幸いこの日は茂原や眞銅和馬(2年)など続々と途中出場した2年生達が良いリカバリーをして事なきを得たが、先発した2年生は廣咲や旧チームで唯一のスタメンである里飛鳥(2年)は良い所がなかった。


ホームタッチアウトのシーン

 また、1年生時に既に夏を経験しており、新チームで本来エースとして君臨いなければならないはずの美又 王寿(2年)は、昨秋、今春、今夏とこれまでのことも受けてかもしれないが、新人戦の浦和麗明戦以来登板していない。これが温存ということならば良いのだが、新人戦や地区予選のこれまでの投手起用を見ていると、どうやらそういうことでもなさそうだ。
 県大会へ向けどのようなメンバーになるのか未だ試行錯誤を繰り返している段階であろう。だが、現状では三奈木におんぶに抱っこといった状態であり、県大会での投票シードも厳しい状況であることに違いはない。浦和学院の今後の奮起に期待したい。

(記事:南 英博)

 
更新日:2019年9月12日
提供元:高校野球ドットコム

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME