埼玉栄vs武南

地区予選屈指の好カードは埼玉栄に軍配内田(埼玉栄)【試合の様子をギャラリーでチェック!】 旧チームのメンバーがほぼ残っており、新人戦でも浦和実を破るなどきっちりとシードを獲得した武南とMAX143km…
地区予選屈指の好カードは埼玉栄に軍配

内田(埼玉栄)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 旧チームのメンバーがほぼ残っており、新人戦でも浦和実を破るなどきっちりとシードを獲得した武南とMAX143km右腕・内田 了介(2年)擁する埼玉栄が早くも地区予選で激突した。このカードは県大会でもベスト16、8クラスの対戦である。ではなぜここで当たることとなったかというと、新人戦武南のブロックは他に浦和実と埼玉栄が組み込まれる激戦ブロックであり、埼玉栄の初戦の相手が浦和実で、そこで敗れてしまったためだ。結局武南に惜敗した浦和実も投票で地区予選のシードに選ばれたことを考えても、埼玉栄も組み合わせが違えばシードに選ばれる可能性が高かった。それだけに興味深い一戦となった。

 先発は、武南・西野翔一(2年)、埼玉栄・内田と両エースが登板し試合が始まる。

 この試合武南が埼玉栄・内田を足でかき回そうと試みる。初回一死から2番・福田凄麻(2年)がセカンドゴロエラーで出塁すると、3番・永瀬力也(2年)、4番・加藤匡悟(2年)の所で武南ベンチは盛んにエンドランを仕掛ける。だが、両選手共に外野フライに倒れ無得点に終わる。

 武南は2回表にも、この回先頭の高野大輝(2年)が死球で出塁すると、続く荒井の所で今度は盗塁を試みるがこれが失敗に終わり、得点を奪えない。

 先制したのは埼玉栄であった。その裏、埼玉栄はこの回先頭の内田がセンター前ヒットを放ち出塁するが、続く三上弥希(2年)の所で牽制球に誘い出されてしまう。だが、ファーストが二塁へ悪送球を放り二進すると、三上も結局四球を選び無死一、二塁とする。ここで埼玉栄ベンチは強攻策を取るが、6番・田村大也(2年)、7番・笹沢匠吾(2年)があっさりと凡退し二死となる。それでも、続く梅林勇佑(2年)がレフト前タイムリーを放ち埼玉栄が1点を先制する。

 足でかき回す作戦を継続する武南は、3回表にも一死から植草俊輔(2年)がショートへの内野安打を放ち出塁するが、続く福田の所で一塁牽制に誘い出されると後続も倒れ無得点に終わる。4回表にもこの回先頭の永瀬がセンター前ヒットを放ち出塁すると、一死後、5番・高野の所でフルカウントからランエンドヒットのような形になる。高野は三振に倒れるが、永瀬の盗塁は成功し二死二塁となる。だが、続く荒井の所でディレード気味に三盗を狙うがこれは失敗に終わり、またしても走塁死となってしまう。

 これだけ走塁死が続けば流れは埼玉栄に傾く。


西野(武南)

 5回裏、埼玉栄は一死から9番・相馬一輝(2年)が四球で出塁すると、続く加藤も四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げる。ここで2番・遠藤楓芽(2年)がセンター前へポトリと落ちるタイムリーを放ち1点を追加するが、続く江城優明(2年)の所で一走・遠藤が一、二塁間で止まってしまい刺されてしまう。それでも江城が四球を選ぶと続く内田が右中間へ2点タイムリー二塁打を放ち4対0とする。

 それでも武南はめげずに足を使った攻撃を続行する。これが実ったのが6回表であった。この回先頭エースの西野に代打・今野を送るとその今野が四球を選ぶ。すると武南ベンチは代走に成田を送る。一死後、2番・福田の所で一走・成田は二盗を決めるとさらに相手のワイルドピッチで三進する。結局、福田も四球を選び一死一、三塁とチャンスを広げると、続く永瀬の所で武南ベンチはダブルスチールを敢行する。キャッチャーは二塁へ送球するがセーフとなると、その間に三走・成田が本塁を奪いオールセーフで1点を返す。ついに作戦が当たりここは一気に行きたい武南であったが後続が倒れ反撃は1点で終える。

 6回からマウンドに上がった武南の2番手・安達朋哉(2年)は埼玉栄打線を1安打無失点で抑えたのだが、一方の埼玉栄・内田がこれだけ足でかき回されながらも動じない。結局終盤の3イニングも武南打線をノーヒットに抑え結局9回3安打10奪三振1失点の完投勝利を挙げる。埼玉栄が武南を4対1で下し県大会へ駒を進めた。



内田(埼玉栄)

 まずは武南だが、元々完成度の高いチームであっただけに秋この時点での敗退は痛恨であろう。この日は結局無死一塁から一度もバントで送らずとにかく足に拘った。新人戦の浦和実戦でスクイズ2本を決め、競り勝ったチームとまるで別人のような戦い方であった。これは結果論となってしまうが、武南打線は一巡目からある程度埼玉栄・内田のストレートに対応できていただけに、もっとじっくり攻めれば結果は違ったのでは?とも思ったが、これはあくまで方法論であり、その攻め方自体は責められない。むしろ今後は機動力の精度を高めることをテーマに取り組めば、元々、西野、安達と計算できる2枚がいるだけに面白いチームになるのではなかろうか。

 一方の埼玉栄だが、この日は相手の拙い攻めにも助けられたが、とにかくエース内田の好投に尽きるであろう。打線も少ないチャンスを確実に物にした。このチームはとにかくエースで4番の内田が中心のチームだ。他に今春から登板している経験豊富な左腕・田村もいるが、現状では内田が埼玉の中で1番強く速いボールを投げている。浦和実・豆田と双璧を成す右の好投手であることに異論はないであろう。課題があるとすれば、変化球が甘い所と、たまに気が抜けたようにポンと先頭打者を四球で歩かせる所か。その課題も今後どれだけ成長することができるかという伸びしろの部分であり、今後球速も含め、どこまで伸びるか楽しみな投手である。むしろ、他の選手が投打にどれだけ彼の負担を軽減することができるかが、浦和学院・三奈木同様に埼玉栄としての今後の課題であろう。

(記事:南 英博)

 
更新日:2019年9月12日
提供元:高校野球ドットコム

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME