top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スマホの見過ぎで頭痛!?今すぐできるストレートネック対策

つやプラ

□扁平足である

□楽器を演奏する

□激しいスポーツをよくする

□骨盤のバランスが歪んでいるといわれたことがある

骨盤のバランスの乱れや足の不調が、ストレートネックにつながることもあります。

広告の後にも続きます

ストレートネックによる症状

・吐き気

・めまい

・頭痛

・首が回らない

・上を向きにくい

・気分が落ち込む

・やる気が出ない

身体の症状だけではなく、心の症状(うつ状態など)もあらわれることがあります。また、最近では自覚症状がないけれどストレートネックという人も増えているようです。

不調がおさまらず、痛みが続く場合は、正しい診断を受けるためにも早めに整形外科を受診しましょう。

■簡単!自分でできるストレートネック対策法

タオルストレッチ

タオルさえあれば、どこでもできるストレッチ法です。

(1)タオルの両端を持ち、首にかけるようにあてます。

(2)そのまま斜め上に両手を上げて、首を後ろに軽く倒しながら、タオルを斜め上に引っぱります。そしてそのままゆっくりとあごを引き、下を向きます。

この動きを1日に5セット行いましょう。

テニスボールを使ったストレッチ

自宅でテレビを見ながら、あるいは寝る前などにできる方法です。

(1)テニスボール2個をガムテープなどで巻いて、離れないよう固定します。

(2)床に仰向けになって、くっつけたテニスボール2個を首の後ろ、頭と首の境目の関節にあてて、リラックスして1〜3分その状態を保ちます。

これで、ストレートネックを予防できます。

寝具(主に枕)の見直し

実は、枕の高さが合っていない場合もストレートネックになる危険性が高まります。枕だけではなく、「敷布団がかたすぎる、やわらかすぎる」という場合も同様です。

オーダーメイド枕で自分に合った枕や寝具を選ぶのも、一つの対策になります。

ただし、高価なものが良いわけでも、安いものが悪いというわけでもありません。自分に合うものを見つけるため、何個か試してみることがおすすめです。

最近では首を酷使していることに気がつかず、ストレートネックになる人も多いようです。日々のストレッチや寝具の見直をするだけでもストレートネック対策になります。

不調の原因となるストレートネックを改善・予防するために、入浴中や仕事の休憩時間など、気がついた時にストレッチをしてみてはいかがでしょうか。

(フリーランス管理栄養士 今井尚美
「根拠のある情報を」「体の内側から美しく」がモットー。健康や美容に関する記事執筆や相談業務などフリーで活動中。糖尿病療養指導士、ピンクリボンアドバイザーの資格有。現在はサプリメント管理士の資格取得中。)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル