top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

竹内まりやの「ヒロシ風」悲惨ネタに安住紳一郎が太鼓判

SmartFLASH

公式サイトより

 

 竹内まりやが、9月8日放送の『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)で意外なエピソードを明かした。

 

 17歳でアメリカ・イリノイ州に留学した竹内。英語は「おぼつかない感じ」だったが、次第に慣れていったという。恋愛については「大失恋しました。同じ学校の年下の男の子で、すごく歌が上手くて優しい子だったんですけど、フラれました」とロストラブも経験。

広告の後にも続きます

 

 

 安住紳一郎が「歌が上手い子を好きになるんですね。プレ山下達郎みたいな(笑)」と話すと、竹内は「プレプレプレぐらいかな?」と、2人を好きになってから山下に出会ったことをほのめかした。

 

 アメリカで切ない片思いも経験したが、竹内は「その後、失恋の曲とか書いてるときは、その男の子の面影を見ては……役に立ってますよね」と話す。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル