巧妙に連れ去られた女子高生・奈々未はどうなる?/ 松岡圭祐『高校事変 II』⑤

巧妙に連れ去られた女子高生・奈々未はどうなる?/ 松岡圭祐『高校事変 II』⑤
超ベストセラー作家が放つバイオレンス文学シリーズ第2弾! 新たな場所で高校生活を送るダークヒロイン・優莉結衣が日本社会の「闇」と再び対峙する…!

超ベストセラー作家が放つバイオレンス文学シリーズ第2弾! 新たな場所で高校生活を送るダークヒロイン・優莉結衣が日本社会の「闇」と再び対峙する…!

第1回から読む:史上最恐のダークヒロイン”が、日本社会の闇に立ち向かう!『高校事変 II』

『高校事変 II』(松岡圭祐/KADOKAWA)

5

 城山はラブホの廊下にいた。405号室のドアの前、サトシと待機中だった。また腕時計に目をおとした。時間が経つのが遅い。一分が十分に感じられる。現実に十分を超過しても、なお鍵が開く気配はない。

 サトシが苦い顔をしながら、ドアに耳を這わせた。「なかにいるのはまちがいないんですけどね。シャワーの音がきこえますよ」

「もう浴室に入ったのか」城山は苛立ちとともに吐き捨てた。「ナナミはなにしてる」

「ラインで連絡してみましょうか」

「素っ裸でシャワー浴びてたら、気づくはずもないだろうが」

「なら電話してみます」サトシがスマホを操作した。静寂のなか、サトシは訝しげに眉をひそめた。

 城山はサトシにきいた。「ナナミのスマホ、鳴ってるか?」

「部屋のなかから音はきこえませんね。でもバイブにしてるのかも」

 これ以上はまてない。城山は業を煮やし、ドアを叩きだした。「おいナナミ。タカダ、いるんだろ。ここを開けろ」

 反応がない。浴室内までは声も届かないのかもしれない。城山はいっそう力をこめ、ドアを打ち鳴らした。「タカダ! 用がある。さっさと開けろ」

 サトシが真顔になった。「スリッパの音がします。誰か近づいてきますよ」

 ほどなく解錠の音が響いた。じれったく思うこと数秒、ゆっくりとドアが開いた。不審な顔をのぞかせたのは、二十代半ばの男だった。バスローブを羽織っている。シャワー中にでてきたらしい、濡れた髪から雫が滴っていた。

 城山は強引にドアを開け放ち、部屋に踏みこんだ。「タカダだな」

 男が怯えたようすで後ずさった。「なんですか、いったい」

「落とし前をつけてもらいにきた。もう逃れようはねえ、覚悟をきめな」

「まってください。人ちがいじゃないですか?」

 サトシが男につかみかかった。「冗談も休み休みいえ。JKデリヘルなら文句をいわれる心配もねえってか? タカダ。俺たちをなめんな」

「タカダって?」

 妙な空気が漂う。城山は声を荒らげた。「おまえがそう名乗ったんだろうが。本名はなんだ。いまゲロさせてやる」

 そのとき浴室のドアが開いた。肉付きのいい身体にバスタオルを巻いた、金髪に褐色の肌の女が、城山たちを見るなり悲鳴をあげた。

 城山は面食らわざるをえなかった。この女は何者だ。

 サトシもぎょっとした顔になった。「なんだ? 誰だおまえ。ナナミはどこだ」

 金髪女は怒鳴った。「なんのことよ! タキちゃん、こいつらなに?」

 タキと呼ばれた男が情けない声を発した。「わからない。急に部屋に入ってきて、タカダがどうとか」

 室内は凍りついたように静止した。直後、金髪女が動きだした。部屋に備え付けの電話機に駆け寄った。受話器をとるや、悲鳴に近い声で叫んだ。「すみません。部屋に男の人たちが入ってきたんですけど」

 フロントに通報している。サトシがあわてたようすで金髪女を制止にかかった。「やめろ、このブス。ぶっ殺されてえのか」

 城山はいった。「サトシ。よせ。ずらかるぞ」

 逃げるしかない。城山はドアを開け、廊下に飛びだした。サトシも後につづいてきた。

 閉じていくドアの向こうで、タキなる男の声が金髪女に呼びかけた。「フロントより一一〇番だよ!」

 やばい事態だった。城山はサトシとともに全力疾走した。廊下を駆け抜け、階段へと転がりこんだ。

 心臓がはちきれんばかりだった。ラブホの経営に迷惑をかけてはならない、それがデリヘル業界の不文律といえる。なかでも警察沙汰は忌み嫌われる。いまは急いで立ち去るしかない。なんとしても関わりを避けるべきだ。女子高生のナナミがどの部屋で見つかろうと、もう赤の他人にすぎない。

更新日:2019年9月11日
提供元:ダ・ヴィンチNEWS

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME