斉藤由貴の魅力が光る! 映画『最初の晩餐』未公開場面写真解禁

斉藤由貴の魅力が光る! 映画『最初の晩餐』未公開場面写真解禁
11月1日(金)に全国公開される、映画『最初の晩餐』に出演する斉藤由貴の誕生日(9月10日)を記念して、未公開場面写真が解禁された。 染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが […]

11月1日(金)に全国公開される、映画『最初の晩餐』に出演する斉藤由貴の誕生日(9月10日)を記念して、未公開場面写真が解禁された。

染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが出演する本作は、常盤司郎監督が構想7年を費やした渾身のオリジナル脚本。常盤は、サザンオールスターズのドキュメンタリー映画をはじめ、CMやMVなど、さまざまな分野で高く評価されており、今作で満を持しての長編映画デビューとなる。

斉藤が本作で演じるのは、登山家だった東 日登志(永瀬)と新たな人生を歩む決意をしたアキコ。再婚同士のふたりにはそれぞれ子供がいて、日登志の子供、麟太郎(外川 燎/染谷)と美也子(森 七菜/戸田)、アキコの一人息子・シュン(楽駆/窪塚洋介)といった5人家族が、何気ない日常を積み重ねながら暮らすことになる。

今回解禁された画像では、夫の遺言で家族の思い出が詰まった”通夜ぶるまい”の目玉焼きを運ぶ姿、美也子の授業参観に参加している姿、そして、5人家族が山に登って楽しいひと時を過ごしている姿など、ギクシャクしながらも気持ちを少しずつ手繰り寄せ、お互いにちょっとだけ妥協し、”家族になる瞬間”が収められている。

斉藤はこのアキコ役について「私の中では心の中の密かな決意みたいなものを声高に主張するんではなくて、もしかしたら誰にも言う必要もないぐらい自分の1人の中に静かな決意として持ってて、それを遂行するみたいな女性を演じたような気がします。多分、どちらかというと静かな女性になっているような気がします」と説明し、「暑苦しいというか。私がみんなを連れてくわよというような強さとか、断固としたパワーっていうことではないんですけど。いつもどっか一歩引きながらでも、いつもそっと一緒にいるみたいなことを念頭に置いているようなそんなお母さんだったんじゃないかなと思います」と、役作りに注いた想いを明かした。

常盤監督は「斉藤さんは、幼い子供たちと描う過去のアキコと、夫の死を迎えた現代のアキコを1人で演じ分けており、『最初の晩餐』の登場人物のなか、一番長く演じられています。本読みの時に斉藤さんが第一声を発した瞬間に、『最初の晩餐』の世界が分かったというか、アキコさんはこんな人だったんだ。声っていうのはものすごいと思いました」と、斉藤によって吹き込まれたアキコ役が本作の世界観を位置付ける”象徴”になったことをアピール。物語の後半、アキコが大人になった子供たちに秘密を明かすハイライトシーンをはじめ、斉藤だからこそ“共感”と“納得”を呼び起こす “お母さん” 役に注目だ。

【STORY】
思い出の手料理が、忘れていた大切な時間をよみがえらせる
父・日登志(永瀬正敏)が亡くなった。カメラマン東 麟太郎(染谷将太)は葬儀のために故郷に帰ってきた。姉の美也子(戸田恵梨香)と準備をする中、通夜の席ではひと騒動が起こっていた。母・アキコ(斉藤由貴)が通夜ぶるまいの弁当を勝手にキャンセルし、料理は自分で作ると言い出したのだ。やがて、運ばれてきたのは、目玉焼き。親戚たちがざわつく中、麟太郎は気がつく。
「これ、親父が初めて作ってくれた、料理です」
次々と出される母の手料理を食べるたび、思い出が麟太郎たちの脳裏によみがえっていく。20年前に父と母が再婚した日、連れ子の兄シュンと5人で暮らした日々のことを……。止まっていた家族の時が今、ゆっくりと動き出す。

作品情報

『最初の晩餐』
11月1日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:染谷将太 戸田恵梨香 窪塚洋介 斉藤由貴 永瀬正敏
森 七菜 楽駆 牧 純矢 外川 燎 池田成志 菅原大吉 カトウシンスケ玄理 山本浩司 小野塚勇人 奥野瑛太 諏訪太朗
監督・脚本・編集:常盤司郎
企画・プロデューサー: 杉山麻衣
プロデューサー: 森谷 雄/鈴木 剛
共同企画:中川美音子
製作:『最初の晩餐』製作委員会製作
プロダクション:アットムービー
配給:KADOKAWA
©2019『最初の晩餐』製作委員会

オフィシャルサイトsaishonobansan.com

斉藤由貴の魅力が光る! 映画『最初の晩餐』未公開場面写真解禁は、【es】エンタメステーションへ。

更新日:2019年9月10日
提供元:エンタメステーション

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME