top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アキラ100%、とび職に3日間挑戦して手に入れた3万円に感激

SmartFLASH

 

 アキラ100%が、9月4日放送の『それって!?実際どうなの課』(日本テレビ系)で、20代で年収1000万円以上稼ぐ人もいる「とび職」に3日間挑戦した。

 

 アキラは「新人キラー」と呼ばれる、26歳で年収1400万円の親方、その見習いの子方と3人で現場へ。移動中のトラックでは子供の話などして穏やかな雰囲気だったが、現場に着くと雰囲気は一変する。

 

広告の後にも続きます

 

 1日に2現場を周り、制限時間内に足場を組まなければならない。5キロの手すりを80本運ぶのだが、子方は12本担ぐのに、アキラは3本しか運べない。それでも疲労困憊となり、暑さのせいで顔色も青ざめ、ついに親方から「休んでていい!」と言われてしまう。

 

 車の中で休み、何とか復活して次の現場に行くと、今度は12キロの資材を荷揚げ、「絶対に隣の家に当てないで!」など注意が飛ぶ。「ダメなら休め、できるんだったら早くしろ!」と言われ、アキラは滝のような汗を流して踏ん張り続けた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル