ハリケーンの強さを猫で表現してみた。5つのカテゴリーを5つのニャテゴリーで。

ハリケーンの強さを猫で表現してみた。5つのカテゴリーを5つのニャテゴリーで。
アメリカでは今年最大級のハリケーン「ドリアン」が「カテゴリー5」の勢力でバハマ北部のアバコ島に上陸、この勢いを保ったまま、フロリダ州に接近...
3_e0

 アメリカでは今年最大級のハリケーン「ドリアン」が「カテゴリー5」の勢力でバハマ北部のアバコ島に上陸、この勢いを保ったまま、フロリダ州に接近したあと、アメリカの東海岸沿いを北上すると予測されており、フロリダ州では非常事態宣言が出され注意が呼びかけられている。

 この「カテゴリー」という分類は、ハリケーンの強さを表しており、1分間の最大風速をもとに、シンプソン・スケールによって1から5までの5段階に分類される。

 最強クラスのドリアンがアメリカに接近しているということで、かつてインスタグラムに投稿された、ハリケーンのカテゴリーを猫で表現したコラージュが再び注目を集めていた。

 おわかりいただけただろうか?

 台風とハリケーンはそれぞれ強さに階級があり、ハリケーンはカテゴリー1からカテゴリー5の5段階となる。この階級は、平均風速の最大値(最大風速)によって決められているが、日本では10分間の平均値であるのに対し、アメリカでは1分間の平均値となる。

 数値だけだとどれくらいの強さかわかりづらいカテゴリーだが、猫によるニャテゴリーを使うと非常にわかりやすい。

カテゴリー1(ニャテゴリー1)
建物への被害は少ないが木が折れたりするレベル
1_e1

カテゴリー2(ニャテゴリー2)
屋根の一部やドア、窓が壊れる
2_e1

カテゴリー3(ニャテゴリー3)
小さな建物に構造的被害、木が倒れる
3_e0

カテゴリー4(ニャテゴリー4)
小さい住居の屋根がつぶれる。海岸の大きな浸食がある
4_e0

カテゴリー5(ニャテゴリー5)
多くの建物で屋根がつぶれる。海岸線近くでは洪水が発生
5_e0

ということで、日本もこれから台風が続々と湧いてくるそんな時期なので、猫を飼っているご家庭の場合には、猫がこうなる前に安全な所に避難しよう。
更新日:2019年9月6日
提供元:カラパイア

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(ペット)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME