top_line

蜷川実花、「ヴェネチア国際映画祭」で小栗 旬を絶賛。「いままで見たことのないような演技をしてくれている」

エンタメステーション

9月2日(現地時間)、「第76回ヴェネチア国際映画祭」で行われた公式イベント「ジャパン・フォーカス」にて、記者会見が開催され、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』より、蜷川実花監督と池田史嗣プロデューサーが出席。レッドカーペットにも登場し、本作の見どころを世界に向けて語り尽くした。

「ヴェネチア国際映画祭」初の試みとなった、日本映画の公式イベント「ジャパン・フォーカス」。9月2日・3日(現地時間)に開催される本イベントでは、『人間失格 太宰治と3人の女たち』のほか、『蜜蜂と遠雷』『カツベン!』『楽園』が上映される。

本作の見どころについて蜷川監督は、「クリエーターとして、“人であることをやめて創作する”ということに対して、どのように向き合って、どう気持ちの整理をしていくのかということに自分自身興味があった。そういう太宰像をしっかり描けた」と宣言。さらに、「女たちが、ダメな、でも魅力的な男に振り回されて、それでも自分で強く生きていくという視点も、もう1つのテーマ。3人の女性の生き様にもフォーカスしているのでそこも楽しんで観てほしい」と、太宰を愛した3人の女たち、正妻・美知子(宮沢りえ)、愛人の静子(沢尻エリカ)と富栄(二階堂ふみ)についてもコメントを寄せた。最後に「日本の美しい四季がフィルムにしっかり映っているので、そこの美しさも堪能してほしい」と、世界の人々に向けて本作をアピールした。

また、池田プロデューサーは、本作について「モノをつくる人間の持つ業のようなものや、その制作に彼の周囲の女性たちがどのように影響していたのか。モノづくりの業と、宿命の恋という二つが、おそらくクリエーターであれば世界中の方々がみて考えることができるテーマだと思っている」とコメント。さらに「蜷川監督がこの作品の監督をしてくれたことは非常に大きい」とし、「蜷川監督は世界的な演出家であった蜷川幸雄さんの娘さんで、ご自身は写真家であり世界のトップクリエイターとして活躍され、日本の映画界に進出されている。日本では女性の監督は少なく、蜷川さんはこの時代の女性監督のトップランナーとして日本映画界を切り拓いている人だと思っている」と賛辞の言葉を述べた。

また、妻子がいながらも恋の噂が絶えない、究極のダメ男だがどうしようもない魅力のある太宰治を、セクシーかつチャーミングに演じた小栗 旬について蜷川監督は、「ハリウッドにも進出して次々と活躍しているが、いままで見たことのないような演技をしてくれている」と宣言。「色っぽいシーンもたくさんあるが、私自身も見たことがない彼が出てきたと思っているので、ぜひ注目してほしい」と述べた。

【STORY】
天才作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが…。

作品情報

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』
9月13日(金)ロードショー

監督:蜷川実花
主演:小栗 旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ 成田 凌/千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾/藤原竜也
脚本:早船歌江子  
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空feat.チバユウスケ」
製作:『人間失格』製作委員会
企画:松竹
配給:松竹、アスミック・エース
R-15
© 2019 『人間失格』製作委員会

オフィシャルサイト
http://ningenshikkaku-movie.com/

『人間失格』原作

蜷川実花、「ヴェネチア国際映画祭」で小栗 旬を絶賛。「いままで見たことのないような演技をしてくれている」は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル