top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山田孝之×石丸幹二が騙し合い!?「年齢差から生まれる“ギャップ”を楽しんで」ミュージカル『ペテン師と詐欺師』

SPICE

 

福田雄一が演出・上演台本を手がけ、山田孝之と石丸幹二がW主演するミュージカル『ペテン師と詐欺師』が、2019年9月1日(日)~26日(木)まで東京・新橋演舞場にて上演される。本作は1988年にフレディ役をスティーブ・マーティンが、ローレンス役をマイケル・ケインが演じた映画『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』が元となったミュージカル。2005年にブロードウェイで上演されると大きな話題となり、トニー賞で10部門11ノミネートを受け、ミュージカル主演男優賞を受賞している。

今回、日本で上演されるにあたり、TVドラマ、映画などでヒット作を連発し、舞台でもコメディ作品やミュージカルで人気を博す福田雄一が手掛けることとなった。
主演は山田孝之と石丸幹二。福田と山田は、山田の初舞台・初ミュージカルとなった『フル・モンティ』、ミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』、映像では『勇者ヨシヒコ』シリーズなどでタッグを組んでいる気心知れたコンビ。ここにミュージカル界を代表するトップ俳優・石丸幹二を迎え、新たな『ペテン師と詐欺師』が生まれる。

本作の取材会が行われ、山田と石丸が顔を揃えた。


左から 石丸幹二、山田孝之



広告の後にも続きます

ーーまずはこの作品の出演が決まった時のお気持ちからきかせてください。

山田:僕ですら知っている作品で、しかも石丸さんと一緒にやらせていただける、ということで、プレッシャーよりも楽しみのほうが大きかったです。早く皆さんと稽古に入りたいという気持ちでした。

石丸:山田さんとミュージカルの現場でご一緒出来る事になり、夢が叶いましたね。また、この作品もブロードウェイで観た時に「いつか自分でもやってみたい」と思っていたので、またまた夢が叶いました。でも現地で観た時、何秒かごとに笑っている作品でしたから、果たしてそれだけ自分がお客を笑わせる事ができるんだろうか、と。

山田:そうですよね。僕はまだまだ必死な状態なので、何とか皆さんについていこうかと思っています(笑)。石丸さんが優しい方でよかったなと思っています。他の方から優しい方だとお噂は聞いていたので。でもこの後稽古が進んでいっても、優しいままかな、大丈夫かなという一抹の不安も……(笑)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル