top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

神木隆之介も!別人級に変わった元子役TOP9

JOOKEY

子役時代から芸能活動をしていた芸能人も多いですが、中には子役時代の頃の面影がない人も多いですよね。そこで今回は10代〜40代の方々に、子役時代から別人級に変わったと思う芸能人に付いて聞いてみました。

 

■質問内容

別人級に変わったと思う元子役はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:坂上忍 21.0%
2位:杉田かおる 20.0%
3位:柳楽優弥 12.0%
3位:加藤清史郎 12.0%
5位:きゃりーぱみゅぱみゅ 11.0%
6位:橋本甜歌(てんちむ) 9.0%
6位:安達祐実 9.0%
8位:山田孝之 8.0%
9位:神木隆之介 6.0%
9位:生田斗真 6.0%
9位:市原隼人 6.0%

 

●毒舌司会者の坂上忍さん

「バイキング」や「有吉ゼミ」などバラエティ番組を中心に活躍し、数多くの冠番組も持つ坂上忍さん。3歳で芸能界デビューし、1970年代には天才子役とされ数多くのテレビドラマに出演していました。当時の代表作は、連続テレビ小説「藍より青く」(1972年)や「ありがとう」(1973年)など。現在の坂上さんは、歯に衣を着せぬ発言での毒舌キャラもあり子役時代の姿が想像しにくいですよね。

 

●今やバラエティ枠となっている杉田かおるさん

現在はバラエティ番組でもたびたび活躍している女優の杉田かおるさん。1979年に「3年B組金八先生」で15歳で妊娠・出産する生徒役を演じた事は有名ですが、杉田さん自身は7歳頃から芸能界入りしていました。当時の代表作は、「パパと呼ばないで」(1972年〜1973年)や「雑居時代」(1973年〜1974年)。「パパと呼ばないで」での出演をきっかけに、天才子役としても話題となっていたそうです。

 

●柳楽優弥さんや元こども店長もランクイン

柳楽優弥さんは、2004年の映画「誰も知らない」の主演で俳優デビューし、同作で史上最年少かつ日本人初となるカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。映画公開当時は14歳でしたが、撮影自体は2年前から行われたものでした。トヨタ自動車のCMでの「こども店長」で知名度を上げた加藤清史郎さんも現在は18歳。あどけない雰囲気があった2人も、現在はイケメン男性に成長していますね。

 

 

■変化は当然だけどやっぱりびっくり……

誰でも歳を取れば、子供の頃とは外見にも中身にも変化があるのは当然と言えば当然なのですが、子役時代の活躍を見返してみるとどうしても驚いてしまうものですよね。

 

 

HORANE調べ 2019年8月 調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング

ジャンル