top_line

人工膝関節の手術支援ロボットを日本へ 英スミス・アンド・ネフュー

もっとエンタメ

 医療機器のスミス・アンド・ネフュー(英ロンドン)は、ロボット支援手術システム「NAVIO」を日本で発売した。

 人工膝関節手術用のロボットで、術者が患者個別に考えた計画を支援するために作られた。ロボットは関節の形状を把握し、さらに手術中にも患者の関節がどう動くかを分析できる。ロボットのナビゲーションにより、術者は患者の関節をインプラントが設置できる形状に削ることができる。

 現在のところロボットが行える手術は、膝関節の「半分」を人工関節に置換する手術と「全体」を置換する手術の主に二つ。

 日本における「NAVIO」第1号機は近畿大学医学部整形外科学教室に納品され、4月9日に人工膝関節置換手術が行われた。

 

TOPICS

ランキング

ジャンル