感動シーンの連続!今一番アツイサッカー漫画「DAYS」の魅力、名言の数々に感動が甦る

感動シーンの連続!今一番アツイサッカー漫画「DAYS」の魅力、名言の数々に感動が甦る
安田剛士作の「DAYS」は、「週刊少年マガジン」で連載中の青春サッカー漫画。アニメ化もされ、その人気は加速しています。なお、エンタメ総合サイト「music.jp」では3月16日まで1〜2巻を無料配信中です。

「DAYS」ってどういう漫画?

主人公の柄本つくしは、中学生の頃はいじめられっ子で運動音痴。聖蹟高校入学前に、サッカー天才児の風間陣と運命的な出会いを果たし、そこから人生が大きく変わります。サッカーは初心者ながらも、持ち前の忍耐力と向上心でみるみる成長。人のことを思う優しい性格が周囲にも良い影響をもたらし、チームワークで戦いを勝ちあがっていきます。個性豊かな聖蹟高校サッカー部の面々とのかけ合いはおもしろく、仲間の絆の深さを感じるシーンの連続には心を打たれます。笑いあり感動あり、そしてサッカーの競技風景では興奮もありの、全てを詰め込んだ青春サッカー漫画です。

衝撃的な出会いから物語は始まった

「DAYS」の原点となる、柄本つくしと風間陣が出会うシーンから感動ものです。
第一話は、聖蹟高校の合格が決まったつくしが喜んでいるシーンから始まります。しかし喜びもつかの間、中学時代のいじめっ子に出会い、絡まれる展開に。そこへ現れたのが、風間でした。飄々としたこの男はフットサルに参加する人を探しているらしく、つくしも協力することに。ただし、それはつくしからいじめっ子を追い払うための、風間なりの配慮でした。最後まで助っ人が見つからなかった風間に対し、つくしは自分がフットサルに参加すると約束。しかし、家に帰ったときに待ち受けていたいじめっ子に暴力を受け、痛い足を引きずりながら走って会場まで駆けつけます。風間はそんなつくしの懸命な姿を目の当たりにし、2人の間には強い絆が芽生えたのでした。

感動が蘇る! 名言集

「どうしてって…。友達だから」。
これは先ほど紹介した第一話で、風間がつくしに対して発した一言。正面から接してくれる風間のストレートな表現に心を打たれたつくしの嬉しそうな表情が印象的です。
この他にも、「DAYS」からは数多くの名言が生まれています。
「お母さんでいてくれてありがとう」は、つくしが母の愛情を感じて言った一言。幼い頃に父親を亡くし母子家庭で育ったつくしは、母親が車椅子生活を受けていることから近くで面倒を見たいと思い、サッカー部入部に躊躇します。しかし、母親はつくしの想いを汲み取り、入部へと背中を後押ししてくれました。
「気持ちだ 気合だ」、「1年も2年も3年もない」、「俺たちは全員で聖蹟サッカー部だ」は、聖蹟高校サッカー部でキャプテンを務める水城寿人の言葉。彼もつくしと同じく、初心者で入部したが人並み外れた努力で東京を代表するまでの選手になった人間。人望も厚く、チームのことをよく見ています。彼のもとだからこそ、つくしも逞しく成長していっているのでしょう。

現役サッカー選手や人気漫画家からも絶賛の嵐

「DAYS」は、多くの現役サッカー選手から支持されています。日本代表に選ばれたサガン鳥栖の豊田選手や海外で活躍する細貝選手、Jリーグ通算得点の記録を持つストライカー・大久保選手などが絶賛。努力することの大切さ、個々ではなくチームとして戦うという精神が学べる漫画として高く評価されています。これはサッカーに限ったことではなく、全てのスポーツでも言えること。単行本化された際には、「ダイヤのA」作者の寺嶋裕二や「あひるの空」作者の日向武史がコメントを寄せています。

「DAYS」は、サッカー初心者のつくしが周囲に支えられながら成長していくストーリーが見どころ。何事も懸命に努力する姿や、仲間を思いやる心には、多くの者が感動させられることでしょう。

>漫画「DAYS」作品ページへ

>漫画「DAYS」無料作品ページへ

更新日:2017年3月15日
提供元:music.jp ニュース

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME