top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン

高校野球ドットコム


 大阪代表・履正社の初優勝で幕を閉じた「第101回全国高等学校野球選手権大会」。高校野球ドットコム編集部では先日、独自の選考基準で同大会の「応援団賞」を選出しましたが、今回のコラムでは応援曲の「ベストナイン」を選出したいと思います。

 なお、選出曲数は今大会のトレンドともなった「継投策」にも敬意を払い、投手は「中継ぎ」「抑え」部門で計3曲とし、全部で11曲としました。では、どうぞ!

投手(先発) 「星稜コンバット」星稜(石川)
 力強い音量と最初に入る「星稜!」のコールが強打線のスイングを想起させる。サッカー応援にも用いられるオリジナルソング。

投手(中継ぎ) 「ザ・ホース」高岡商(富山)
 全員で「縦ノリ」をしつつ、チームを鼓舞できる。曲と曲の間のつなぎに使うとさらに全体が引き立つ「いぶし銀」的良曲。

投手(抑え) 「オーシャンゼリゼ」鶴岡東(山形)
 サッカーではJ1・ベガルタ仙台の得点テーマとして知られる名曲を甲子園に持ち込んだことで、得点時の余韻を際立出せた。

広告の後にも続きます

捕手 「Tのマーチ」東海大相模(神奈川)
 柳沢慎吾さん「日本で一番長い始球式」でもお馴染みの有名ソング。「T・O・K・A・I、東海相模!」はもう少し聞きたかった。

一塁手 「星空のディスタンス」習志野(千葉)
 40代以上の「アルフィー世代」が思わず口ずさんでしまう選曲。サビの部分までフル演奏してくれるのはかなりうれしい。

二塁手 「山田 哲人のテーマ」履正社(大阪)
 曲自体は東京ヤクルトスワローズの転用だが、同校OBの曲となれば、やはり尋常感が違う。1番・桃谷 惟吹選手の第1打席猛打もこれが原因かも?

三塁手 「必殺シリーズ」イントロから「西部警察」関東一(東東京)
 トランペットの独奏から一気にフル演奏に向かう流れが美しい。一気呵成な攻撃を繰り広げるイメージも沸いてくる。

遊撃手 「久我山一本」國學院大學久我山(西東京)
 今大会最高の甲子園神曲。タッチの挿入歌「星のシルエット」のバラード調をアップテンポにしてしまった点は、これまでにない斬新な発想。

左翼手 「タイガーラグ」中京学院大中京(岐阜)
 昨年は金足農(秋田)の決め曲だったが、今年は「ラッキー7」の大逆転テーマに変化。準決勝では「熱男!」ことOBの松田宣浩さんも口ずさんでしまったという噂も?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル