三浦春馬&多部未華子「オリンピックのような関係」とは!? 映画『アイネクライネナハトムジーク』完成披露上映会が開催

三浦春馬&多部未華子「オリンピックのような関係」とは!?  映画『アイネクライネナハトムジーク』完成披露上映会が開催
9月20日(金)より全国ロードショーとなる映画『アイネクライネナハトムジーク』の完成披露上映会と舞台挨拶が、8月21日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催。イベントには三浦春馬、多部未華子、原田泰造、貫地谷しほり、矢本 […]

9月20日(金)より全国ロードショーとなる映画『アイネクライネナハトムジーク』の完成披露上映会と舞台挨拶が、8月21日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催。イベントには三浦春馬、多部未華子、原田泰造、貫地谷しほり、矢本悠馬、森 絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、今泉力哉監督が登壇した。

主演の三浦、田部らが順々に客席から登場すると盛大な拍手で迎えられ、暖かな雰囲気のなか舞台挨拶はスタート。まずは主人公・佐藤を演じる三浦から「やっと皆様にお届けできる日がやってまいりました。この秋、暖かい気持ちで帰っていただけるような映画に仕上がってます。日本中の皆様に見ていただきたいなと思っております」と挨拶。

また、一真(矢本)の妻・由美を演じる森は「この作品を見て、出会いというものをちょっと意識するようになるんじゃないかなと思います。今日は楽しんで帰ってください」とコメントし、そんな一真と由美の娘・美緒を演じた常松は「1日1日の小さな奇跡を大切にしたくなる映画だと思います。ぜひ心に焼き付けて見てください」と作品への熱い想いを伝えた。

三浦と多部の2人は、本作が3度目のカップル共演となることについて触れられると、三浦が「まるでオリンピックのような関係だよね(笑)」と、4年おきに恋人役を演じていることについて言及し、「確か20歳の時の映画も、ここで舞台挨拶をしたなあと思って。また8年、9年経ってまた同じところで挨拶できるなんて。その頃よりはゆとりを持って皆さまの前に立てている自分を感じる、成長できてるんじゃないかなと思います」と当時を感慨深げに振り返った。多部は「今回は10年付き合ったというカップルという設定だったので、安心感はもちろんあって。今まで共演してきたことは無駄じゃなかったんだなと思う瞬間が撮影中にいっぱいありました。すごく嬉しかったですし、次はまた4年後に何かご一緒できたら嬉しいなと思います」と笑顔で答えた。

さらに三浦は、「どういう風に多部さんという女優さんにいい芝居と雰囲気を届けられるだろうか、というところでの緊張感は正直ありました。だけどそれはいい緊張感を抱いた現場での時間だったので、貴重な経験をさせてもらったなと思ってます」と、共演の多い2人ならではの想いについて触れた。

続いて、本作は「出会い」がテーマであることにちなんで、“あの時出会えてよかった”というエピソードを聞かれると、原田は「僕にとってはネプチューンだと思いますね。(名倉)潤ちゃんも(堀内)健も長い付き合いですし、出会った頃と全く変わらずじゅんちゃんは賢いチンパンジーのような落ち着きを持ってますし、けんは野生の猿みたい。変わらずずっとここまできてるから、本当にいい縁だと思います」と、ユニークな表現を交えながらも、グループ間の絆を感じさせる関係性についてコメント。自分を例えるとなんですか、という質問には「僕は普通の優しいゴリラですね(笑)カッコつけちゃってごめんなさい」と答え、会場は笑いに包まれた。

貫地谷は、「真面目な話になっちゃいますけど、今のチーフマネージャーにスカウトされてこの世界に入ったので、その人に出会っていなければ今も夢を見つけられずに、仕事をしているかしていなかったかわからなかったと思うので…ありがたい出会いだったなと思います」と、現在も女優人生を歩んでいる“出会い”のルーツについて語った。

高校生の役のイメージが強い矢本は、今回は父という役柄を演じることについての気持ちを聞かれると「役者としてデビューして高校生役を演じることが多すぎて、世間の人はまだ僕が高校生だと思ってる人もいると思うんですよ。その中で父親を演じるというプレッシャーがありまして、まず体重を増やしました。当時結婚をしていなかったですし、子供もいなかったので、想像で補うしかなかったんですよ。その中で結婚のことを考えていくと、結婚とか家族って楽しそうだなあって発想になって、僕は今年結婚をしたと思います(笑)。とてもいい影響を得た作品になりました」と話すと、三浦から「おめでとう!」と声が掛かり、会場からはあたたかな拍手が沸き起こった。

また、仙台での撮影が多かった本作。そんな中、仙台出身だという森が「地元での撮影ということで、馴染みのある景色だったりとか、仙台の人ならみんな知っている場所が出てきたりするんです。仙台市出身としては誇りと思うと同時に、仙台を舞台とした映画に出会えたことにすごく感謝しました」と喜びのコメントを溢した。

そして、10年の時を経て繋がる本作にちなみ、現在20歳の常松と萩原へ“10年後の自分たちはどうなっていたいか”という質問が及ぶと、常松は「私は今20歳なので、10年後は30歳になっているんですけど、今舞台の稽古をしていて、みなさん筋トレなどをしていて素敵な身体をされているんです。わたしこの作品で4日連続でずんだもちを食べたり、何も遠慮せずに食べてしまっているんですけど、この十年は気をつけなきゃいけないなって。プラス筋トレなどをして健康的な身体を維持したいなと思っています」と答えた。

萩原は「実は10歳の時に自分の20歳を想像したことがあって、でも今実際に身長伸びた以外で変わったことがあまり見つからなくて(笑)逆に30歳もいい意味で何も変わっていない状態で30歳になれたら嬉しいかなと思いますね」とコメント。さらに、今後チャレンジしてみたい役について聞かれると、「高校生役が多いので、会社員とかやってみたいんですよね。でも僕パソコンできないんで、新入社員から…(笑)」と話すと、三浦が「大丈夫、僕も全然タイピングできないから、実は」とフォローを入れる微笑ましい一面も垣間見えた。

また、撮影時について今泉は「仙台での合宿で撮影したのも初めてで、みなさんに支えてもらいながら撮っていました。多部さんが途中からインされたんですけど、僕が三浦さんが関係性を築けていたことで、多部さんにも信用してもらえたのかなとか、いろんなことに頼りながら現場を過ごしていました」と、三浦と多部の関係性について触れると、多部は「監督の今みたいな喋り方…なんていうんだろう、ボソボソ?(笑)えっと、ボソボソの中にも撮りたいものがはっきりしている方なので、すごくやりやすかったです。ずっと前から安心できる存在の春馬くんと監督のお二人がずっと現場でフォローしてくださっていて、初日から安心できました」と、監督を務める今泉と現場の雰囲気について語った。

日々の中でちょっとした幸せを感じる瞬間について聞かれた三浦は、「最近撮影現場で、俳優の特権だなと思うことに出会いまして。例えば病室とか、寝ているシーンってあるじゃないですか。普段仕事中に人前で大の字になって寝ていることなんて、俳優以外ではあり得ないことだと思うんですよ! でもどこかそれがちょっと優越感に浸れるというか、ちょっとした幸せな瞬間かもって思えること…え、これ変ですか?(笑)変?」と客席に問いかける和やかな場面も。続けて、「ばちがあたるかもしれないんですけど、俳優ならではのふとした優越感みたいなところがありますね」と話した。

多部は、「小さい幸せは毎日いっぱいありますね。例えば、適当に作ったご飯が意外と美味しかった時とか、犬を飼ってるんですけど家に帰った時におかえり〜!みたいな顔して迎えてくれる時とか、運転をしている時に信じられないくらい大きな声で歌うとか、小さい幸せはいっぱいあります(笑)」と、車の中で熱唱という意外な一面を明かす一幕も。

イベント中盤には、劇中の登場人物で気になる人、好きな人についてのトークに。三浦が「僕好きな人は藤間さんですね。こんな柔らかな雰囲気を持った上司がいてほしいな〜というキャラクターなので、上司なんだけど肩の力を抜いて相談できそうだし、アイディアを持ちかけることも萎縮しないでできそうなので、こんな先輩いたらいいだろうなって」と話すと、佐藤の上司・藤間を演じる原田は「ちょー嬉しい」とコメント。すると、それに返すように、原田の好きな役は三浦演じる佐藤だと答え「佐藤はすっごく優しい部下。逆に撮影期間も佐藤という役に僕がずっと助けられていたような感じ。本当に助かりました。こんな後輩がいたら俺ぐんぐん伸びてくなあ」と互いの役柄について語った。

最後に、主演を務めた三浦から「奇跡とか運命ってきっと、誰かが誰かを思いやることから始まって、その思いやりが人を動かし、その人の行動が奇跡を呼んだり運命につながっていくのではないかなと思っています。この映画は、その日常生活における思いやりの連鎖から始まり、そして奇跡につながっていく、そういうエッセンスがたくさん詰まった作品。なので、見ていただいたあとに、ご自身の日常生活に、実はこんなにも思いやりが溢れていたんだとか、今思い返せば奥さんや友人との絆っていうのは、あの時の思いやりから成り立っていたんだ、ということに気付くきっかけをくれる映画になっています。今の日常生活を今以上に誇ってもらえるような映画になっているので、ぜひいろんな方にオススメしていただけたらと思います」と語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

【STORY】
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。

作品情報

『アイネクライネナハトムジーク』
9月20日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
9月13日(金)宮城県先行ロードショー

原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造 ほか
配給:ギャガ
©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

『アイネクライネナハトムジーク』原作

三浦春馬&多部未華子「オリンピックのような関係」とは!? 映画『アイネクライネナハトムジーク』完成披露上映会が開催は、【es】エンタメステーションへ。

更新日:2019年8月22日
提供元:エンタメステーション

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME