鶴岡東、選抜準Vの習志野下し初の甲子園2勝! 終盤に丸山蓮の2打席連続弾などで突き離す【甲子園速報】

鶴岡東、選抜準Vの習志野下し初の甲子園2勝! 終盤に丸山蓮の2打席連続弾などで突き離す【甲子園速報】
投げては背番号「11」の影山雄貴が8回途中まで力投<第9日 第2試合 2回戦 ○鶴岡東 9―5 習志野●>(14日、阪神甲子園球場)  第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え…

投げては背番号「11」の影山雄貴が8回途中まで力投

<第9日 第2試合 2回戦 ○鶴岡東 9―5 習志野●>(14日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第2試合では初の甲子園2勝を狙う鶴岡東(山形)と今春の選抜大会で準優勝した習志野(千葉)が対戦。鶴岡東が同校初の甲子園2勝目を挙げて3回戦に進出した。
 
 鶴岡東が選抜準V・習志野を相手に序盤から猛威を振るう。2回、習志野の先発・山内翔太(2年)に対して1死から四球と右前安打で一、三塁のチャンスを作ると、7番・山路将太郎(2年)が右前へ適時打を放ち1点を先制。
 
 さらに2死から9番・影山雄貴(3年)、1番・河野宏貴(3年)に連続適時打が飛び出して、この回6安打で一挙5得点を挙げた。
 
 対する習志野は4回に反撃。それまで打ちあぐねていた鶴岡東の先発・影山に対し、先頭打者の根本翔吾(3年)が死球で出塁すると、根本の盗塁と内野ゴロで1死三塁のチャンス。
 
 アルプススタンドから「レッツゴー習志野」が大音量で演奏される中、ここで5番・高橋雅也(2年)が左翼線を破る適時二塁打を放って1点を返した。なおも2死三塁となって7番・兼子将太朗(3年)が右前へ弾き返して2点目。2-5と3点差とした。
 
 試合は鶴岡東・影山と習志野の2番手、エースの飯塚脩人(3年)の投げ合いによってそのまま5回を折り返した。
 
 追いかける習志野は6回、先頭の4番・桜井亨佑(2年)が左前安打で出塁するも、続く高橋が二ゴロ、4-6-3と併殺が完成し2死走者なしとチャンスを広げられず。後続も倒れて無得点に終わる。
 
 突き離したい鶴岡東も、飯塚の前に6回から2イニング連続で3者凡退。6回の3アウト目から4者連続三振を喫して封じ込まれた。
 
 甲子園は7回裏から雨が降り始める。快調な投球を見せた飯塚は、直後の7回の打席で1死から左翼線への二塁打を放ちチャンスを作る。さらに死球と内野安打で満塁とし、ここで小沢拓海(2年)が中堅へ犠飛を放って3点目を入れた。
 
 徐々に迫ってくる習志野に対して、鶴岡東は8回に先頭の5番・丸山蓮(3年)が左翼ポール際に飛び込む貴重なソロ本塁打を放ち6-3と再び3点差に。さらに2死走者なしから連続安打で一、二塁とすると、河野が左越え2点適時二塁打を放って8-3と突き離しに成功した。
 
 このまま終われない習志野は、直後の攻撃で先頭の桜井が内野安打で出塁。1死一塁となって登板した鶴岡東のエース・池田康平(3年)に対して、和田泰征(2年)が左翼への二塁打で二、三塁とする。ここで兼子が放った左前安打で一気に二者が生還し、5-8と再び3点差に詰め寄った。
 
 9回、鶴岡東は2死から前の打席で2ランを放っている丸山が、今度は右翼ポール際へソロ本塁打を放ち1点追加。追いすがる習志野をダメ押しした。その裏、2イニング目に入った池田が無失点に抑えて試合終了。
 
 9-5で勝利した鶴岡東は、同校初となる甲子園2勝。3年ぶり6回目の出場で新たな歴史を作った。一方、敗れた習志野は8強入りした2011年以来8年ぶりの3回戦進出は叶わなかった。

更新日:2019年8月14日
提供元:ベースボールチャンネル

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME