鶴岡東・丸山蓮、「狙った」2打席連発で“新たなページ” 指揮官もビックリ「嬉しい誤算」【甲子園速報】

鶴岡東・丸山蓮、「狙った」2打席連発で“新たなページ” 指揮官もビックリ「嬉しい誤算」【甲子園速報】
習志野のエース・飯塚から豪快弾「実感湧かない」<第9日 第2試合 2回戦 ○鶴岡東 9―5 習志野●>(14日、阪神甲子園球場)  第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第…

習志野のエース・飯塚から豪快弾「実感湧かない」

<第9日 第2試合 2回戦 ○鶴岡東 9―5 習志野●>(14日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第2試合では鶴岡東(山形)が春の選抜大会で準優勝した習志野(千葉)を下し同校初となる甲子園1大会2勝目を挙げた。
 
 山形大会でチームトップの3本塁打を記録した丸山蓮(3年)が持ち味の長打力を発揮し、チームの新たな歴史のページをめくった。
 
 5番で先発した丸山は、2回の第1打席に四球を選び、先制のホームを踏む。この得点を機に一挙5得点を挙げて5-0と主導権を握った。
 
 その後も四球、二塁打と出塁が続いた丸山は、5-3と2点差と追い上げられた8回に習志野のエース・飯塚脩人(3年)の速球を捉えると、打球は浜風が舞う左翼ポール際へ飛び込むソロ本塁打。6-3と突き離した。
 
 佐藤俊監督を「嬉しい誤算」と驚かせた丸山の打棒は勢いを増す。8-3と引き離した直後、習志野に2点を返され再び3点差とされたが、9回に今度は右翼ポール際へ2打席連続のソロ本塁打を叩き込み、ダメ押しした。
 
 試合後、丸山は「2打席連続は初めて」と笑顔。「1本目は詰まった」ものの、「2本目は右方向は意識しなかったが、ストライクが来たら長打を狙う」と、「実感が湧かない」としながらも狙っての一発に胸を張った。
 
 指揮官が「体調も良く、バットが良く振れている」と評価し、その通りのバッティング。選抜大会で準優勝し、「レッツゴー習志野」のチャンステーマに乗せて粘り強い攻撃が持ち味の習志野を沈めた。
 
 2015年は初戦突破しながら、2回戦で0-1と惜敗。そして翌2016年は初戦敗退。6度目の出場で甲子園1大会2勝は同校初ながら、悔しさを晴らすように今大会は全国トップレベルの打力を見せつけた。
 
 次の相手は関東一(東東京)と熊本工(熊本)の勝者になるが、佐藤監督は「しっかり準備して、落ち着いて戦ってくれるように(選手の)手助けをしたい。背中を押したい」。一方、丸山は2打席連続本塁打の興奮冷めやらない中でも「早く次に備えたい」と“次のページ”8強入りを見据えた。
 
 
取材・氏原英明、ベースボールチャンネル編集部

更新日:2019年8月14日
提供元:ベースボールチャンネル

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME