top_line

エンゼルス・大谷翔平、第2打席はレフト線に落ちる三塁打 2打席連続タイムリーで2試合ぶりマルチ

ベースボールチャンネル

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、本拠地でのピッツバーグ・パイレーツ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第2打席で2打席連続タイムリーとなる三塁打を放った。
 
 エンゼルスは大谷の適時二塁打などで初回に3点を先制。先発のキャニングは毎回ピンチを背負いながらも2回まで無失点に抑えている。
 
 追加点が欲しいエンゼルスは2回裏、1死からフレッチャーが四球を選び、2打席連続でチャンスメイク。トラウトは中飛に倒れるも、2死ながら走者を置いた場面で再び大谷に打席が回る。
 
 大谷は、2ストライクと追い込まれてからの4球目、インコースのスライダーをすくい上げると、打球は左翼線ぎりぎりに落ちた。この間に一塁走者フレッチャーは4点目のホームを踏み、大谷は快足を飛ばして三塁を陥れた。

TOPICS

ランキング

ジャンル