ジャニーズWEST「キャピキャピを見て」デビュー5周年!本気の5本勝負を振り返る

ジャニーズWEST「キャピキャピを見て」デビュー5周年!本気の5本勝負を振り返る
ジャニーズWESTが、冒険しながらご当地チャンピオンに戦いを挑む冠番組の第5弾『GO!GO!WEST!冒険したってええじゃないか~ご当地ビックリ対決 in 九州~』(カンテレ ※関西ローカル)を、8月18日(日)25時より放送。九州の佐賀県と大分県を舞台にジャニーズWESTが7人で力を合わせて戦った今回のロケを、メンバーが振り返った。

ジャニーズWESTが、冒険しながらご当地チャンピオンに戦いを挑む冠番組の第5弾『GO!GO!WEST!冒険したってええじゃないか!~ご当地ビックリ対決 in 九州~』(カンテレ ※関西ローカル)を、8月18日(日)25時より放送。九州の佐賀県と大分県を舞台にジャニーズWESTが7人で力を合わせて戦った今回のロケを、メンバーが振り返った。

2014年9月に第1弾の『冒険したってええじゃないか! NIPPON 変・珍・ビックリ旅』は、ジャニーズWESTが冒険しながら沖縄の魅力を伝えた。2015年3月放送の第2弾では『GO!GO!WEST!冒険したってええじゃないか~ご当地ビックリ対決 in 北海道~』と題し、ご当地チャンピオンとの対決に挑む内容。さらに、第3弾(2017年2月放送)は四国、第4弾(2017年9月)は北関東へと場所を移し、過酷な対決を行ってきた。

そして今回、2年ぶりとなる第5弾の舞台は、九州の佐賀県と大分県が舞台。水上でのおしくらまんじゅうや、有明海の干潟で泥だらけになって行う“ガタリンピック”、炎が舞う火群まつり、大寒がまん大会など、それぞれのチャンピオンとのガチ対決が行われる。

オープニング対決は、水上おしくらまんじゅう。佐賀県武雄市で行われている「全日本美味暮(おしくら)まんじゅう水上大会」。3人一組で水上マットに乗って押し合い、先に相手チームを落とした方が勝ちとなるルール。対戦するのは2018年チャンピオンで筋肉自慢の消防士チームで、桐山照史、濱田崇裕、小瀧望の人がハンデなしで挑むことに。はたしてジャニーズWESTは勝つことができるのか?

続いては佐賀県鹿島市へ。有明海に広がる日本最大の干潟を舞台に、地元の漁師がムツゴロウの漁で使う木製のソリを使った「ガタスキー対決」。最初は恐る恐る干潟に入っていたメンバーだが、一度泥まみれになると吹っ切れたのかテンションが上がり、メンバー同士で泥をかけあうなど大はしゃぎ! 前年チャンピオンとジャニーズWESTの7人が、25mの距離をどちらが先にゴールするかを競う。

水、泥に続いて、次の対決は火。大分市で開催される「ななせの火群まつり」では、柱の先端に取り付けられた藁の中に、たいまつを投げ込み、中に仕込まれた花火が上がるまでの時間を競う。たいまつをくるくる回しながら、高く投げるテクニックが必要となる。今回はちびっこチャンピオンチームと対戦! 炎の熱気や、飛び散る火の粉の迫力いっぱいの対決の結果は!?

続いてメンバーたちが訪れたのは、室温0度の倉庫。大分県別府市にある鶴見岳では毎年冬に、氷を使ったがまん比べ大会が行われている。今回はその寒さを再現した倉庫内で「かき氷早食い競争」「地獄の針仕事対決」「氷柱しがみつき競争」の三本勝負。メンバーは寒さに震えながら、がまんの限界に挑む!

そしてラストは、大分県日田市の日田川開きの名物行事である「ハンギリ源平合戦」に挑戦。酒樽を半分に切って作った桶(=ハンギリ)に乗って、大将の頭上のボールを先に叩き落としたチームが勝ちとなる。ジャニーズWESTは有終の美を飾ることができるのか? 

ロケを終えたメンバーからコメントが到着。以下に紹介する。

――「佐賀県・大分県」のロケはいかがでしたか?

<重岡大毅>
これまで負けた記憶しかなくて悔しかったので、絶対勝つっていう気持ちでのぞみました。この1年で、更に上にいけたかなって思いますね。ガタスキーでは泥んこになって最高でした。ちょっと遊び過ぎてバテました(笑)。ロケの後にはみんなでお風呂に入って「楽しかったなぁ」「またやりたいなぁ」って喋りました。相変わらず仲ええなあって思いました。結構みんな勝負事にはガチになるから、その連帯感というか、誰がどう行くみたいな話し合いも楽しかったです。僕にとってはこの番組は、ただただ楽しいし熱くなる番組やから、ご褒美的な感じですね。僕らの5周年にかけた、5本勝負、胸が熱くなる対決なので、僕たちの勇姿を見てください。あとはジャニーズWESTらしい、明るい楽しいキャピキャピを見てください。

<桐山照史>
僕らがデビューして5年、その一体感というか団結力、僕らの絆を視聴者の方にも伝えられるんじゃないかな。楽しかったし、早かったしあっという間でした。こうやって7人でロケさせてもらえることってあまりないので。メンバーの新たな一面も見ることができて良かったなって思います。水上おしくらまんじゅうは、低い位置にお尻があると有利っていうコツをつかみました。対決では、お尻を付けた瞬間にチャンピオンが「あっ」って言ったんですよね(笑)。それがどういう「あっ」やったんか、見てもらったらわかるんじゃないでしょうか。大寒がまん大会では、濵ちゃんが全身タイツを着ている時に、全員で応援してるのがメッチャ良かったです。あれは濵ちゃんしか出来ひん。こういう競技はこのメンバーが向いてるからこうしよう、という押し引きができたんじゃないかな。ジャニーズWESTの関係性も見られて、あとは僕たちを見たことない方にも、こういう地域のお祭りや、こういう大会があるんだって知ってもらえるチャンスなんで、「よし見るぞー」って感じではなくフワッとした気分で見ていただけたらなと思います。

<中間淳太>
5本も対決をすると、泥にも抵抗がなくなりますね(笑)。それが自分の一番の成長でしたね。最初は嫌でしたけど、最後の方には濡れようが、汚れようが、大丈夫になってました。大寒がまん大会はメッチャきつかったです! かき氷が口の中で溶けないっていう経験は初めてでしたもん。思いっきりほおばって、口の中で溶かしていく作戦だったんですけど、溶けないんですよ。神ちゃんはスゴイです。マジで尊敬です。2年ぶりに7人でロケしてみて楽しかったです。みんな本気で臨んでいる感じがやっぱり良かったし。どんどんどんどん、メンバーとの絆も深まってるからこそ、強くなってるんやなと感じましたね。7人のチームワーク、役割がハッキリしてるし、団体戦も多かったから余計に絆を感じました。今までの5年間の蓄積が出たんじゃないかな。濵ちゃんにむちゃぶりしても「じゃやるわ」って素直にやるっていう、普段の関係性が出てますね。今度は東北とか、あまり行ったことないところに行きたいです。全国制覇したいですね。

<神山智洋>
このまま負け続けるわけにはいかないなと、結構かまえてたところがあるんですよ。でも、まさかこんな結果になるとは思ってませんでした。ガタスキー対決のおかげでめっちゃ筋肉痛です。ノンちゃんの隣でガタスキーをやってたんですけど、ノンちゃんのおかげで顔にバッシャアーって泥がかかって(笑)。調子よかったんですけど、前が見えなくなって失速しました。一番の見せ場は大寒がまん大会のかき氷早食いかな。一口目をパクッといったんですけど「アレっ?」って、氷が全然溶けなくて。食べれば食べる程、口の中がギンギンに冷えて、もう唇の裏とかほっぺの裏とかが麻痺してるみたいな。それでも何とか追いシロップで味付けて、最後はもう気合いでしたね。勝負事には負けられへんっていうところとか、僕たちも普通の男の子なんだなっていう風に、遊びながら勝負を楽しんでる所を見てほしいですね。そこが見どころかな。

<藤井流星>
今まで負けてばっかりだった分、もうちょいハードル下げた方がいいなっていうスタッフさんの考えが今回は裏目に出た気がしますね(笑)。大寒がまん大会は、みんな頑張りましたけど、「地獄の針仕事対決」が一番キツイと思います。僕は結構サウナが好きやから、水風呂は大好きなんですけど、アレはそういうレベルじゃない冷たさ! 今回初めて運がこちらに向いた感じがしました。2日間ずっとはしゃいでたなって。だから結構ロケ終わって、楽しかったけど疲れたなあっていうのはあります。はしゃいだから、いい疲れでしたね。見どころは、この7人のワチャワチャした感じ。こんなメンバー同士がふざけ合って中学生みたいなグループないと思うんで。その良い意味での、中学生感を楽しんでもらいたい。後は、今回はガチで勝ちにいってるから、そこの勝負所もちゃんと注目して見てほしいですね。

<濵田崇裕>
ずっと勝ちたかったから、今回は絶対勝とうと意気込んでました。大寒がまん大会は、思いのほか難しかったです。神山くんのかき氷早食いは、地味な作業ですけど一番凄いと思いました。かき氷は、リアクションとかじゃなくてただ我慢……。あれは、あったかい所でやっても無理です。でもホンマに彼凄いなと思いました。僕は、水上おしくらまんじゅうのコツを掴んだ瞬間を見てほしいですね。コレいけるかもって、瞬間やったんで。見どころは、全体的に楽しんで対決している所と、楽しんでるからこそ結構ガチになっていく所ですね。テレビ的に面白くというよりも、ホンマに勝とうとしすぎて何も考えてなくて(笑)。だからガチでやってしまう所がジャニーズWESTらしさかな。ずっとまたこの番組をやりたかったので、ホンマに今回叶って嬉しいです。次回があったらもっと強いヤツがきても、勝てそうな気がしてるんで。今回は、ジャニーズWESTの本気を是非見てもらいたいと思います。

<小瀧望>
僕達こんな感じでやってるんですけど、体張るのって少なくなってきてるんですよね。だから『冒険したってええじゃないか』がまた決まった時はホンマに嬉しかったですね。ガタスキーは僕、地味に得意でしたねぇ。僕、前世ガタリンピックの選手やったかもしれん(笑)。やっぱり最近筋トレしてるのが大きかったんですかね。だから練習とかでもスイスイ行ってたし、皆がそこまで苦戦してる理由がわからなかったんですけど。神ちゃんいわく、俺の漕いだ泥が神ちゃんに当たって前が見えなくなったらしくて(笑)。真ん中ぐらいでチャンピオンが視界には入ってきたので、最後まで思いっきりやったれと思っていきました。全力で最後までやるっていう事は大事なんやなって思いました。僕、この番組が一番見るの楽しみかもって思うぐらい大好きなんですよ。やっぱり対決も面白くて、メンバーも面白いから。ジャニーズWESTらしさが出てるのは、最後のハンギリ対決であまりにあっさり勝負がついたから、撮れだかを心配して7人でバトルロワイヤル始めるあたり(笑)。結果やっぱり面白い事もあったし、もうほんま7人が7人とも面白さが違いますから。今回みたいに、ほぼ髪の毛をセットしてないロケっていうのもなかなかないと思うんですよね。濡れてはシャワー、濡れてはシャワー、泥にシャワーみたいな(笑)。こんなにもメイクさん泣かせなロケはないかもしれないです。だけどその分やっぱり楽しかったし、このスタッフさんだからこその笑いとかもありますし、ガチで結構、体張ってるメンバーもいたし。ホンマにこいつら笑いの為なら貪欲やなっていう部分も見えるんですけど。やっぱり勝ちに執着する男気も垣間見えて、凄く楽しかったです。僕自身も楽しみなので、是非多くの方々に見てほしいです。僕たちの良さが出ると思うので、これからも体を張っていきたいですね!
更新日:2019年8月14日
提供元:テレビドガッチ

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME