top_line

仙台育英の1番・中里光貴、4安打爆発で打線に勢い 「ベンチ入りしていない選手」の支えを力に【全国高校野球】

ベースボールチャンネル

練習支える仲間たち「存在がモチベーションになっている」

<第9日 第1試合 2回戦 ○仙台育英 8―5 鳴門●>(14日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第1試合では鳴門(徳島)と仙台育英(宮城)が対戦。仙台育英が追い上げられながらも後半突き放して2年ぶりの3回戦進出を果たした。
 
 鳴門の森脇稔監督が「初回ですね」と話すように、仙台育英は初回から4番・小濃塁(3年)のソロ本塁打を含む6安打4得点の集中打。その攻撃の起点となったのが、プレーボール直後の初球を捉えて二塁打とした1番・中里光貴(3年)だった。
 
 中里は「初回で勢いを付けることができて良かった。初球ストライクが来たらどの球でもいこうと思っていた」と話し、鳴門の先発・西野知輝(3年)に対する早期攻略を振り返っている。
 
 試合を通じては、5得点した4回の適時打を含め4安打1打点。「出来過ぎなくらい」と話したが、「今は球が良く見えている」と好調ぶりに笑顔を見せた。
 
 力を発揮できた背景には、仲間の存在があった。「バッティングピッチャーなど、ベンチ入りしていない選手に今僕たちは助けられている。その仲間たちの存在がモチベーションになっている」。仙台育英のベンチ入り18人の中に3年生は11人。1、2年生も多く入っていることから、多くの3年生を含め他の86人の選手たちの思いが背中を押している。
 
 昨年就任した仙台育英の須江航監督は、「(西野に対しては)我慢比べ。浅いカウントの高いボール、追い込まれたら下(低め)を切るということを徹底してやり切ってくれた」と打線を称賛。
 
 7回には相手の隙を突きながら適時打で着実に加点し、「初戦を終えた後、“小さい野球”をする準備しかしてこなかった。練習の成果が後半出た」と納得の表情を浮かべた。これもベンチ入りしていない選手たちが、甲子園に来てからも練習をサポートしているからだろう。
 
 次戦の相手は前日に国学院久我山(西東京)相手に22安打19得点と猛打を発揮した敦賀気比(福井)。須江監督は「非常にバッティングが好調。個人の能力も高い。ウチは何とか総合力で勝負したい」と話し、中里も「次も初回から自分がチームに勢いを与えたい」と意気込みんだ。
 
“総合力”。1年生4人、2年生3人、3年生11人のベンチ入りメンバー、そして、その他の部員全ての力を結集して、2年ぶりの8強を目指していく。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部

TOPICS

ランキング

ジャンル