id Softwareで名作FPSを手掛けたTim Willits氏、『World War Z』で知られるSaber Interactiveへ移籍

id Softwareで名作FPSを手掛けたTim Willits氏、『World War Z』で知られるSaber Interactiveへ移籍
id Softwareのディレクターとして活動していた海外デベロッパーTim Willits氏は、『World War Z』などで知られるスタジオSaber Interactiveへ移籍したことを明らかにしました。

id Softwareで名作FPSを手掛けたTim Willits氏、『World War Z』で知られるSaber Interactiveへ移籍

id Softwareのディレクターとして活動していた海外デベロッパーTim Willits氏は、『World War Z』などで知られるスタジオSaber Interactiveへ移籍したことを明らかにしました。

Willits氏は『Quake』『Doom』などの名作FPSを手掛けたことで知られ、『Doom 3』ではリードデザイナー、『Quake Live』や『Quake Campions』ではゲームディレクターとして参加していました。id Softwareでの約24年間の活動に幕を下ろしたのち、Saber Interactiveの最高顧客責任者に就任したということです。

Saber Interactiveは『World War Z』のほか『Spintires:MudRunner』や『Shaq Fu: A Legend Reborn』、ニンテンドースイッチ向け移植版『ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション』も手掛けているゲームスタジオ。また、『Quake Champions』はSaber Interactiveとid Softwareの共同開発で提供されています。
更新日:2019年8月14日
提供元:Game*Spark

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME