敦賀気比vs國學院久我山

投打ともにタレントが揃う敦賀気比が戻ってきた!杉田翔太郎(敦賀気比)※写真=共同通信社つなぐ気持ちが生んだサイクルヒット。チーム一の安打製造機は誰よりも謙虚だった 杉田翔太郎(敦賀気比) 19得点を入…
投打ともにタレントが揃う敦賀気比が戻ってきた!

杉田翔太郎(敦賀気比)※写真=共同通信社

つなぐ気持ちが生んだサイクルヒット。チーム一の安打製造機は誰よりも謙虚だった 杉田翔太郎(敦賀気比)

 19得点を入れて敦賀気比。改めて敦賀気比は強いチームだと実感させられる試合内容だった。

 敦賀気比の3番・杉田 翔太郎が史上6人目のサイクル安打を達成。5安打を打ったように、バットコントロールの高さ、対応力は素晴らしい打者であった。スクエアスタンスで重心を低くして、グリップの位置を低くした独特の構えから手元でボールを呼び込んで、インサイドアウトのスイングで打ち返す。左ひじの使い方と膝の使い方がうまく、どのコースにもインサイドアウトのスイングができており、確実にボールをコンタクトできる。福井大会でもチーム最多安打を放っているのもうなづける。

 敦賀気比の4番打者・木下 元秀に國學院久我山戦で4番打者らしい活躍を見せた。

 まず第1打席、二死二塁の場面で打席が回った木下は外角球をレフトへ打ち返し、適時打で1点を先制。その後、打線は勢いに乗り、3点を先取。2回表にも一死二塁の場面で左前適時打を放ち、2安打2打点の活躍。1回戦の富島戦では中越え二塁打や投ゴロになったが、投手強襲の当たりを放って打点を稼ぎ、9打数5安打6打点と内容は良い。

 高校2年までは左腕エースとして活躍も、ひじを痛めた影響で、打者に専念。高校通算30本塁打を超える長打力だけではなく、どのコースにも対応し、広角に打ち分ける打撃にも注目だ。

 また7回から登板した145キロ右腕・黒田 悠斗も144キロ右腕・笠島 尚樹に負けない投球を見せている。右スリークォーターから投げ込む直球は常時130キロ後半~144キロを計測。回転数が高く、勢いのあるストレートは次々と空振りを奪え、特に走者を出してからは140キロを連発し、8回裏、一死一、三塁のピンチを招いたが、ほぼ直球で連続三振を奪った。しかし黒田自身、「今日の投球内容は良くなかったです。あまり満足したストレートを投げることはできなかったので、次の試合へ向けて修正したいです」と意気込んだ

 そして9回裏に登板した松村 力もなかなかの好投手だった。180センチ80キロと恵まれた体格から最速142キロのストレートは笠島よりもボリューム感があり、120キロ後半のスライダーも低めに鋭く落ちる。こんな投手が控えているのかと驚きを隠せなかった。

 2試合終えて、今年の敦賀気比は戦力が厚い。3年だけではなく、1年、2年にも逸材がいる。まだ甲子園は続くが、この秋も北信越をリードするチームだと実感させられるものがあった。2016年夏から5季、甲子園に出場できない苦しい期間があったが、その期間を乗り越え、投打ともにタレントが揃う敦賀気比が戻ってきた。

両チームの個人成績表
敦賀気比 打撃成績
敦賀気比 投手成績
國學院久我山 打撃成績
國學院久我山 投手成績

(記事=河嶋 宗一)

更新日:2019年8月14日
提供元:高校野球ドットコム

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME