酒井高徳、移籍金6000万円でヴィッセル神戸移籍へ。HSVでは124試合に出場

酒井高徳、移籍金6000万円でヴィッセル神戸移籍へ。HSVでは124試合に出場
 ハンブルガーSV(HSV)に所属する酒井高徳がJ1のヴィッセル神戸への移籍が決定的になったと13日付けのハンブルク紙『ハンブルガーモルゲンポスト』が報じている。 同紙によると、既に日本に滞在している…

 ハンブルガーSV(HSV)に所属する酒井高徳がJ1のヴィッセル神戸への移籍が決定的になったと13日付けのハンブルク紙『ハンブルガーモルゲンポスト』が報じている。

 同紙によると、既に日本に滞在している酒井は14日にヴィッセル神戸と契約を結ぶ事になると伝えている。 なおHSVは50万ユーロ(約6000万円)の移籍金を得る事になるようだ。

 ディーター・ヘッキング監督は「彼と一緒に仕事をしたのは短い間だったが、とてもプロフェッショナルに振舞っていた。彼が居なくなる事はとても寂しい」と酒井に関してコメントしている。

 2015年からHSVでプレーしている酒井は公式戦124試合に出場している。昨季クラブ史上初となる2部での戦いを余儀なくされたHSVは目標としていた1年での1部復帰を逃す。そんななかで酒井は昇格を逃した戦犯としてサポーターから最終節でブーイングを受け、今季も公式戦でベンチ入りすら出来ない状況が続いていた。

 なお、酒井のJリーグ復帰が決まると2011年以来のことで実に8年ぶりとなる。

更新日:2019年8月14日
提供元:フットボールチャンネル

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME