履正社vs津田学園

履正社vs津田学園
履正社打線の勢いをつける1番桃谷の存在桃谷 惟吹(履正社) 初戦で霞ヶ浦の好投手・鈴木 寛人を攻略した履正社は、津田学園の前 佑囲斗も攻略した。 口火を切ったのは1回戦で2ホーマーを放った1番・桃谷 …
履正社打線の勢いをつける1番桃谷の存在

桃谷 惟吹(履正社)

 初戦で霞ヶ浦の好投手・鈴木 寛人を攻略した履正社は、津田学園の前 佑囲斗も攻略した。

 口火を切ったのは1回戦で2ホーマーを放った1番・桃谷 惟吹(履正社)は2回戦でも快打を連発した。いきなり津田学園の前 佑囲斗が投じた141キロのストレートをはじき返し、左中間を破る二塁打。さらに第3打席ではスライダーをとらえ左中間を破る二塁打を放った。3回までに6得点。さすがの攻撃だった。

 桃谷の打撃を注目すると、歩幅を広げ、ほぼノーステップに近い形でボールを手元で呼び込む打撃スタイル。今春のセンバツで奥川 恭伸に抑え込まれ、今までの打撃フォームでは速球投手から打つことはできないと実感し、打撃フォームを修正した。ノーステップにすることで間合いを取る余裕ができた。
大会前、一番打者として「初球からどんどん打っていきたい」と桃井は今大会、10打数4安打2本塁打4打点。しかも4安打がすべて長打という強打の1番の勢いが止まらない。

 

 4回以降、強力な履正社打線の勢いを止めた津田学園・降井隼斗はかなりの好投手であった。

  右サイドから投じる直球は常時135キロ~141キロと、何度も140キロ台を計測しており、サイドハンドでこのスピード能力は素晴らしい。さらに125キロ前後のスライダー、120キロ前後のチェンジアップが低めに決まり、特に右打者には内角のボールゾーンからストライクゾーンに入るスライダーを使ったり、低めに落としたりと独特の軌道で勝負する。

 中学時代は遊撃手がメインで、投手の経験はあまりない。高校へ入学して、投手に転向し、最初は上手投げだったが、なかなか合わなかった。内野手時代、横振りで投げることが多く、自然とその投げ方になっていたサイドスローに転向したところ、コントロール、球速も上がり、140キロ台を計測するまでになっていた。

 プレートの三塁側を踏んで、体を沈み込ませ、インステップ。その時、左肩を右打者にぶつける感覚で一気に腕を振りだす。そのフォームは出どころが見にくく、履正社の打者に聞くと、「三塁側からかなり遠くの位置からくる感覚だったので、軌道が慣れず、打ちにくかったです」と全国トップクラスの破壊力を誇る強力打線の打者たちも認めるほどの打ちにくさだった。

 4.2回を投げて1失点、7奪三振の好投。強打の履正社打線相手に自分の実力を示したといっていいだろう。それでも降井は「もっと前を早く助けたかったです」と涙。降井にとって前 佑囲斗は憧れの存在だった。「ブルペンから周囲を圧倒できるボールがありましたし、前は実力を高めるためにいろいろと取り組んでいる姿はとても参考になりました」と前の存在があったからこそ成長できたと語る。

 能力は全国クラスのものがあり、謙虚にチームのために投げ続けてきた右サイドハンド。努力を続ける姿勢はいつか次のステージで実り、今以上に脚光を浴びるサイドハンドになっているはずだ。

両チームの個人成績表
津田学園 打撃成績
津田学園 投手成績
履正社 打撃成績
履正社 投手成績

(記事=河嶋 宗一)

更新日:2019年8月14日
提供元:高校野球ドットコム

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME