top_line

希少価値と特別感が大切!愛され女性の帰省土産の選び方

つやプラ

夏は、帰省の際に手土産に悩む方も多いと思います。手土産を選ぶポイントは、特別感です。希少価値のある、上質なものを選ぶと、「この品を贈られた私にも価値がある」と相手に感じていただけます。

ライフスタイルコンサルタントの筆者が、ミニマムリッチな手土産をご紹介します。

■限定品を選ぶ

「夏の限定品」「お住まいの地域でしか買えないもの」「普段はなかなか手に入らないもの」などは特別感があります。東京駅限定、羽田空港限定など、その場所でしか買えないものにも希少価値があります。

また、桃やメロン、マンゴーなどの旬の果物を使ったものも喜ばれます。「今だけ」「ここだけ」「あなただけ」には、誰もが心をくすぐられます。

■老舗ブランドを選ぶ

迷った時は、老舗ブランドの定番を選べば間違いないでしょう。特に、目上の方や礼を尽くしたい相手には、信頼、安心を感じていただけます。

例えば、「資生堂パーラーのクランチ(オリジナルの缶に入っている)」「とらやの羊羹(夏限定のパッケージ)」「叶匠寿庵の和菓子(料亭の品格が感じられる)」などです。

老舗ブランドはパッケージにも高級感がありますので、その品を選んだあなたの格も上がります。

■ホテルスイーツ

デパ地下のスイーツを買うことはあっても、ホテルのスイーツはなかなか自分では買わないものです。

高級ホテルの中にあるブティックには、そこでしか買えない高級感のあるアイテムがそろっています。スイーツのほかにも、パンやジャム、レストランで出されるドレッシングなど、魅力的なラインナップです。

スイーツ好きの方のご自宅にお持ちするなら、ニューオータニ「SATSUKI」のスーパーショートケーキや、アンダーズ東京「ペストリーブティック」のミニエクレア、パレスホテル東京の名物「マロンシャンティイ」などがおすすめです。

手土産の印象は意外と大きく、後々まで残るものです。印象に残るものを選ぶことで、あなたの印象もグッと良くなります。味だけではなく、パッケージも重視して選びましょう。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子
株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

TOPICS

ランキング

ジャンル