おっさんずラブ:吉田鋼太郎「2人の関係には嫉妬している…」 劇場版キャストが浴衣姿で集結

おっさんずラブ:吉田鋼太郎「2人の関係には嫉妬している…」 劇場版キャストが浴衣姿で集結
 2018年4月期に放送され話題となった俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の劇場版「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」(瑠東東一郎監督、8月23日公開)のイベントが8月13日、東京都内で開催され、主演の田中圭さんをはじめ、林遣都さん、吉田鋼太郎さんらキャストが集結。全員が浴衣姿で、レッドカーペットに登場するやいなや、会場は黄色い声に包まれた。

 2018年4月期に放送され話題となった俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の劇場版「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」(瑠東東一郎監督、8月23日公開)のイベントが8月13日、東京都内で開催され、主演の田中圭さんをはじめ、林遣都さん、吉田鋼太郎さんらキャストが集結。全員が浴衣姿で、レッドカーペットに登場するやいなや、会場は黄色い声に包まれた。

 イベントには、内田理央さん、金子大地さん、伊藤修子さん、児嶋一哉さん、沢村一樹さん、志尊淳さん、眞島秀和さん、大塚寧々さん、瑠東監督も登壇。映画の劇中で田中さん、林さん、吉田さん、沢村さん、志尊さんが登場する“サウナ”のシーンが見どころという話題になり、沢村さんは「サウナのシーンは映画がDVDになったらモザイクが入る。劇場ではモザイクなしです。ぜひ劇場で見てください」と冗談めかして、観客の笑いを誘った。

 また、眞島さんは、自身が演じる武川政宗について「全シーン、全力でやっています」と明かし、「政宗は、劇場版のあるシーンのために地道にストレッチをやりました」と意味深な発言でアピール。会場がざわつく場面もあった。

 吉田さん演じる部長・黒澤武蔵の元妻の蝶子を演じた大塚さんは「年を取ると、新しいことをするのは難しい。でも、蝶子は新しい一歩を踏み出せたのかな……」と話し、蝶子に思いを寄せる“マロ”こと栗林歌麻呂を演じた金子さんは「男としての覚悟を持って演じました。それを見てもらいたい」とコメント。大塚さんと金子さんのやり取りに吉田さんは「個人的に大塚寧々さんの大ファンなので、2人の関係には嫉妬している」と明かしていた。

 「おっさんずラブ」は、田中さん演じる女好きだけどモテない独身男子・春田創一が、ルームシェアをすることになったイケメン後輩男子・牧凌太(林さん)と、乙女心を持つ有能な部長・黒澤武蔵という2人の男性に愛の告白をされ、未曽有(みぞう)のモテ期に突入する……というラブストーリー。2016年12月に一部キャストの異なる単発ドラマも放送された。

 劇場版では、「前代未聞の五角関係“おっさんのラブ・バトルロワイアル”」が開幕し、熱い恋の火花が散らされる。沢村さんは天空不動産で新たに発足したプロジェクトチームのリーダーで春田たちの前に立ちふさがる強敵・狸穴迅、志尊さんは春田が所属する天空不動産第2営業所に配属されたキラキラネームの陽気な新入社員・山田正義(ジャスティス)を演じる。

更新日:2019年8月13日
提供元:MANTANWEB(まんたんウェブ)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME