top_line

おっさんずラブ旋風再び 興収100億円超え合言葉に気運高まる

女性自身

おっさんずラブ旋風再び 興収100億円超え合言葉に気運高まる(C)女性自身 8月13日、六本木ヒルズの特設ステージに登場した田中圭(35)や林遣都(25)に黄色い悲鳴が沸き起こった。映画「おっさんずラブ LOVR or DEAD」の公開直前トークイベント「おっさんずラブフェス」だ。  

8月13日、六本木ヒルズの特設ステージに登場した田中圭(35)や林遣都(25)に黄色い悲鳴が沸き起こった。映画「おっさんずラブ LOVR or DEAD」の公開直前トークイベント「おっさんずラブフェス」だ。

 

「おっさんずラブ」と言えば、2018年放映のドラマ版(テレビ朝日系)が社会現象となった超人気作品。

 

深夜帯の放送にも関わらず、SNSでは毎話リアルタイムでトレンド入り。田中や林、吉田鋼太郎(60)ら “おっさんキャラクター”の三角関係を描いたストーリーは、多くの熱烈なファンを釘付けに。登場人物のアカウントを模した公式インスタグラムや、イラスト投稿サイトPixivでのイラストコンテストの開催なども大盛り上がりとなっていた。

 

そんな大人気ドラマが、今月23日に映画となって帰ってくる。「おっさんずラブLOVE or DEAD」の公開に際し、勢いを後押ししたのが今回のイベントだ。

 

映画で新たに登場する沢村一樹(52)や志尊淳(24)らも登壇し、豪華キャスト陣が制作秘話や意気込みを告白。その様子はAbemaTVでライブ中継され、SNSは公式ハッシュタグ「おっさんずラブがとまらない」がトレンド1位に急浮上。トークイベント観覧の倍率は40倍、試写会の倍率は250倍! 1年経ってもなお高い人気をみせつけた。

 

今回のイベントで主演の“はるたん” こと春田創一を演じる田中は「パワーアップしてみなさんの前に戻ってくることができました!」と宣言。SNS上では「はるたんを100億の男に!」を合言葉に、劇場版をヒットさせようという機運が高まっている。

 

《きじPからはるたんを100億の男にしたいとお達しがあったので全力で映画観に行く》
《はるたんを100億の男に? そんなん最初からそうする気しかないから任せとけ》
《会場の熱気を見てると100億も夢じゃないのではと思えました》

 

劇場版公開まであと10日、今回も“おっさんずラブ旋風”が吹き荒れそうだ。

TOPICS

ランキング

ジャンル