映画「天気の子」でも話題、創刊40周年サプライズ企画も進行中「ムー」が世界のミステリーを独自目線で認定する書籍2点を同時発売

映画「天気の子」でも話題、創刊40周年サプライズ企画も進行中「ムー」が世界のミステリーを独自目線で認定する書籍2点を同時発売
UFO、異星人、未解決事件、超古代文明、オーパーツ、エイリアンミイラ……。「ムー」が40年にわたって挑みつづける世界の謎を厳選収録した書籍が誕生。40周年記念日に何かが起こる!?
株式会社 学研プラスは、2019年9月5日(木)に、ムー創刊40周年記念書籍『ムー認定 驚異の超常現象』と『ムー認定 神秘の古代遺産』を発売します。

国内唯一の超常現象専門誌=スーパーミステリー・マガジン「ムー」は、2019年10月に創刊40周年を迎えます。

創刊以来の「世界の謎と不思議に挑戦する」というテーマをブレずに貫く=“不惑”の誕生日に先駆けて、あらゆるミステリー事件をムーが独自目線で認定する書籍を発売します。

ロズウェル事件などのUFO事件、異星人との遭遇や誘拐事件、江戸時代のUFO事件、ミステリーサークルやバミューダ・トライアングルなどの怪奇現象などを「驚異の超常現象」として、また、水晶ドクロや黄金ジェットといったオーパーツ、エジプトのギザから南極まで各地で発見されているピラミッド群、地上絵を遺したナスカ文明などを「神秘の古代遺産」として、2冊の決定版書籍にまとめました。

筆者は、超常現象研究の第一人者・並木伸一郎氏。定番のミステリー事件をわかりやすく、かつ鋭い視点で解説しています。オールカラーの誌面構成はビジュアル豊富な保存版図録としてもお楽しみいただけます。

■映画「天気の子」でも話題の「ムー」
全国東宝系で公開中の映画「天気の子」に「ムー」が“歴史と権威ある雑誌”として登場しています。
発売中の「ムー」2019年9月号では映画「天気の子」にちなみ、「気象を操作する超能力者」特集を掲載。また、「ムー」2019年10月号には新海誠監督が「ムー」へのこだわりを語る独占インタビューを掲載予定です。

■創刊40周年記念号までのカウントダウン
「ムー」創刊号の発売、つまり「ムー」が生まれたのは1979年10月9日。迫る2019年10月9日に発売される「ムー」2019年11月号は40周年のアニバーサリー号となります。
40周年記念号では、UFO事件の原点にして聖地でもある場所への特別海外取材のほか、平成日本のオカルトの現在を追う追跡特集、「ムー」の歴史を振り返る特別付録などを予定。

さらに、2019年10月9日に向けて、スペシャル企画も準備中です。
ぜひ、その瞬間をお見逃しなく。

[商品概要]
『ムー認定 驚異の超常現象』
『ムー認定 神秘の古代遺産』
著:並木伸一郎 編:ムー編集部
定価:各本体2,400円+税
発売日:2019年9月5日(木)
判型:B5変型判/256ページ
電子版:あり(同時配信)
発行所:(株)学研プラス
ムー公式サイト「ムーPLUS」:

http://gakkenmu.jp/


更新日:2019年8月13日
提供元:music.jp ニュース

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME