top_line

セクハラ騒動の俳優オ・ダルス、独立映画で電撃復帰

ワウコリア


セクハラ騒動を起こし活動を自粛していた韓国俳優オ・ダルス(51)が、復帰することがわかった。

13日、映画界によるとオ・ダルスは独立映画「要視察」でスクリーン復帰を確定した。

同作品は、2017年に独立映画「同じ」を演出したキム・ソンハン監督がメガホンをとる。監獄を背景に、そこで起こる事件を描く。

映画関係者によると、故郷で休養していたオ・ダルスにキム監督が積極的に作品を紹介し、オ・ダルスがキム監督の情熱に感化され最終的に出演を決めた。

TOPICS

ランキング

ジャンル