星座×血液型!将来愛妻家になる男性TOP10

星座×血液型!将来愛妻家になる男性TOP10
交際が進むにつれ、結婚を思い描くのは自然なこと。 さらに結婚生活をイメージした時に、「彼が自分を大切にしてくれたら嬉しい」と思いますし、実際にそうならもっと嬉しいでしょう。 今回は星座と血液型で「将来愛妻家になる男性」を […]

交際が進むにつれ、結婚を思い描くのは自然なこと。

さらに結婚生活をイメージした時に、「彼が自分を大切にしてくれたら嬉しい」と思いますし、実際にそうならもっと嬉しいでしょう。

今回は星座と血液型で「将来愛妻家になる男性」を占ってみました。10位から順に発表します。

10位【さそり座×B型】

さそり座の中でも、B型男性はとても一途です。

心を見せない傾向が強いさそり座の男性にとって、結婚した相手は誰よりも大切な存在となります。

だからこそ、妻を深く愛する愛妻家となるのです。ただ、常に自分の側にいて欲しいと思いがちなので、束縛を感じることも。

9位【おひつじ座×A型】

現実的な考え方をする上、行動力のあるおひつじ座のA型男性。

家庭に入ると亭主関白になると思われがちで、傍からはとても愛妻家には見えないでしょう。

しかし、妻を大切にする=家庭円満と考えるため、とても愛妻家なのです。

ただ、家の外ではいばるので、隠れ愛妻家と言えます。

8位【ふたご座×O型】

社交的な双子座の男性の中でも、O型の男性はピュアで一途なところがあります。

妻となった女性を喜ばせたいというサービス精神が強いので、結婚後は愛妻家になる可能性が高いのです。

ホームパーティを開くたびに、愛妻家としての評判が高くなるでしょう。

7位【おうし座×B型】

とても堅実なおうし座のB型男性。

自分にとって大切な人やモノに囲まれていることが幸せなため、愛する妻を失うのはもっとも恐れる事態と言えます。

たとえ周囲の人が妻を責めたとしても「自分だけは味方だ」と言えるほどの愛妻家となるでしょう。

心から信頼してくれる夫となるのです。

6位【てんびん座×AB型】

相手に合わせる感覚が優れている、てんびん座のAB型男性。

「妻を守ってやるぞ」という強い意思を見せることはありませんが、寄り添うような穏やかさのある結婚生活となるでしょう。

ゆえに「妻とは深い絆で結ばれている」と確信している愛妻家と言えます。

5位【うお座×O型】

ロマンチックな恋愛や結婚を求める傾向が強い、うお座のO型男性。結婚すると、妻に対して恋人以上にラブラブな関係を求めがちです。

愛妻家である自分に酔ってしまうのですが、そこはご愛嬌と考えてあげましょう。

上手に頼ると、喜んで頑張ってくれます。

4位【おとめ座×AB型】

相手の気持ちをつかむのが上手な、おとめ座のAB型男性。

結婚すると、妻の望みを理解して行動する愛妻家となるでしょう。

おとめ座は基本的にマジメですから、家庭生活の中では良き夫となることを優先します。

友達や家族からも認められる愛妻家となるのです。

3位【さそり座×O型】

恋愛相手に対して一途でありがならも、奥手なさそり座O型男性。

無口で何を考えているかわかりにくいという難点はありますが、心を開いた妻に対して「浮気なんて絶対にしない」と決意し、「大切にしなきゃ」と尽くそうとします。

愛妻家となる可能性はとても高いでしょう。

2位【やぎ座×A型】

堅実でマジメな山羊座の中でも、特にマジメなA型男性。

実直な上に慎重ですが、愛する妻を大切にする気持ちはとても強いでしょう。

誠実さとともに妻を尊敬し、自主性を重んじてくれる愛妻家となります。

もちろん、夫に甘えすぎるのはNG。お互いに尊敬し合う結婚生活が大切なのです。

1位【かに座×O型】

かに座の中でもO型は、理屈抜きで相手に尽くすところがあります。

結婚すると愛妻家になる可能性は、とても高いでしょう。

愛する妻から「ありがとう!」と言われたなら、さらに張り切ってくれるはず。

平日夕食後の後片付けをしてくれたり、休日は夕飯を作ってくれたりもします。

誠実さを大切に

気になる相手はTOP10の中にいたでしょうか。

愛妻家となってもらうためには、こちら側も相手を大切にすることが必要です。

誠実さを忘れずにいましょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)

更新日:2019年8月13日
提供元:愛カツ

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME