top_line

旅先の肌状態を左右する!?飛行機内でやりたい「乾燥対策」

つやプラ

海外旅行に行くと、なぜか肌のコンディションが悪くなってしまうという女性も少なくないのでは。

せっかくの旅先で不調に悩まないために、心がけておきたいことがあります。ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、そのポイントをご紹介します。

■機内でのケアを万全に

海外旅行で肌の調子を崩してしまう大きな原因の1つは、なんといっても乾燥です。そして、もっとも肌が乾燥にさらされてしまうのは、飛行機の中です。

まずは、行きの機内での乾燥対策を行うことが必須です。

■搭乗したら、なるべく早く行いたいこと

メイクを落とす

搭乗後は早くくつろぎたいところですが、まず行いたいのはメイクを落とすことです。手早く落とせるクレンジングシートがあると便利です。

また、ローションを含ませたコットンも持参しましょう。メイクを落としたら、丁寧にパッティングをしたりコットンパックを行い、十分に保湿をします。

保湿後は、少し厚めにクリームを

保湿が終わったら乳液とクリームで仕上げますが、機内ではいつもよりも厚めにクリームを塗りましょう。「ちょっと塗り過ぎかな」と思うくらいでちょうどいいです。

リップクリームもこまめに塗り直しましょう。

機内での飲み物にもご注意

乾燥は身体の中からうるおすことも大切です。機内での飲み物にも気をつけてください。

コーヒーや紅茶などの「カフェイン」の入った飲み物は利尿作用があるため、体内の水分が奪われてしまうことにつながるのでさけましょう。

喉が渇く前に水分補給を心がけてください。

■高揚感で眠れない時におすすめのアイテムレシピ

行きの機内では、旅がはじまる高揚感でなかなか眠れないという方も多いようです。

ですが、睡眠不足はご承知の通り、肌にダメージを与えてしまいます。そんな時はリラックス効果や不眠改善の効果が期待できるエッセンシャルオイルの力を借りて安眠につなげましょう。

スプレータイプのフレグランスは、香りが広がって周囲の方に迷惑をかける心配がありますので、手作りの練り香水を持参するといいでしょう。

材料

・白色ワセリン 5g

・ラベンダー 5滴

・ネロリ 5滴

・つまようじ

・フタのついた容器

作り方

容器に白色ワセリンを入れたら、ラベンダーとネロリを少しずつ加え、その都度つまようじで分離しないようによく混ぜ合わせます。完全に混ざり合ったら完成です。

旅を元気な肌で楽しむためには、旅の前のケアが肝心です。機内で肌がパサパサに乾燥してしまわないように、機内持ち込みの手荷物には、乾燥対策のアイテムをお忘れなく。どうぞよい旅を!

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

TOPICS

ランキング

ジャンル