top_line

加藤浩次の専属エージェント契約 そのメリットとデメリットは

女性自身

加藤浩次の専属エージェント契約 そのメリットとデメリットは(C)女性自身 吉本興業が社内改革に向け、外部の第三者を委員に迎えた設置した「経営アドバイザリー委員会」。その初会合が8月8日に行われ、同社が日本の芸能事務所では初となる「専属エージェント契約」を導入することなどが明らかになっていた。

吉本興業が社内改革に向け、外部の第三者を委員に迎えた設置した「経営アドバイザリー委員会」。その初会合が8月8日に行われ、同社が日本の芸能事務所では初となる「専属エージェント契約」を導入することなどが明らかになっていた。

 

そして翌9日に同制度導入を提案したのが、“加藤の乱”で注目されていた極楽とんぼ・加藤浩次(50)。MCをつとめる日本テレビ系「スッキリ」で明かしたのだ。

 

加藤といえば吉本のお家騒動を受け、上層部の退陣を要求。それがかなわない場合、自身が退社することを示唆。その後の展開が注目されていた。

 

そしえ9日の同番組で加藤は、海外の芸能界などでは一般的な同契約についてダウンタウンの松本人志(55)らに相談したことを告白。また同制度を導入した場合は会社に残る意志があることを、今月6日に大崎洋会長(66)と会談した際に伝えたという。

 

それらが受け入れられたため、加藤は残留を宣言。「『加藤浩次、言ったことを実行しないのか』と思う方もいると思います。そういった方たちに謝罪したいと思います。本当にすみませんでした」と頭を下げた。

 

「エージェント契約に移行した場合、ギャラの取り分は以前よりもはるかに増えるでしょう。やりたくない仕事は極力こなさなくてもよくなるでしょう。しかし今後、より芸人の実力勝負になるということでもあります。たとえば加藤さんの枠に吉本が通常マネジメント契約のタレントをプッシュした場合、テレビ各局が忖度するはず。加藤さんほどの芸人ならまだしも、ほかのタレントが追随するのはかなり勇気ある決断になりそうです」(芸能プロダクション関係者)

 

新制度導入で円滑に仕事をこなせれば、“加藤の乱”は勝利となりそうだが……。

TOPICS

ランキング

ジャンル