top_line

「新しいモノを生み出せ」と言われても…。ガンバレルーヤ作の物語をプロが絵本に 『マツコ&有吉 かりそめ天国』

music.jp

「新しいモノを生み出せ」と言われても…。ガンバレルーヤ作の物語をプロが絵本に 『マツコ&有吉 かりそめ天国』(C)music.jp 視聴者から寄せられた意見や、様々なVTRなどをもとに、好き勝手にトークを展開していく番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」。2019年8月7日(水)放送分[テレビ朝日系 23:50〜24:50]では、「『新しいモノを生み出せ』と言われても…」「スタンディングオベーションできる?」といった投稿を取り上げ、VTRにはガンバレルーヤ、飯尾和樹(ずん)が登場する。

●「新しいモノを生み出せ」と言われても…

「『新しいモノを生み出せ』と言われても、決定権のある人がおじさんだと難しくないですか?」というメールに、マツコと有吉は大きく頷きながら「どこの職場にも当てはまるし、テレビ局なんて最たるものなんじゃない?」と指摘するが、マツコは「若者の側にもやや問題があるのではないか」とも発言。ニーズを微妙に取り違えている例も多く見られるとの分析も飛び出す中、二人が出した衝撃的な結論とは?

●スタンディングオベーション

「スタンディングオベーションを躊躇なくできるか?」というメールには、「あーいうのはノリでしょ!」と前向きな有吉に、「形式美みたいなものなんだから」とマツコも賛同する。そこから、様々な場面で“周りに合わせてしまう”シチュエーションについての話題に。コンサートやスポーツ観戦でのウエーブや手拍子のほか、葬儀での焼香、神社での参拝の仕方など、意外と知らない作法についても話し合う。

●ガンバレルーヤ×プロフェッショナル

その道のプロにアレンジを加えてもらって作品を作り上げる、ガンバレルーヤ出演企画の第2弾。今回は「自分が作った物語を絵本にしてもらいたい」という願いを叶えるべく、ガンバレルーヤが考えたストーリーにプロの絵本作家が挑む。一体どんな絵本に仕上がるのか?

●飯尾No.1

飯尾和樹がその道の様々な人々と出会い、人となりや仕事ぶりを聞いて勝手にNo.1を決める企画。今回は“女性管理職”をテーマとし、企業の管理職の女性との出会いの中からNo.1を決定する。

【出演】マツコ・デラックス、有吉弘行
【進行】久保田直子(テレビ朝日アナウンサー

■8月7日(水)放送 マツコ&有吉 かりそめ天国

■マツコ&有吉 かりそめ天国|テレビ朝日

https://www.tv-asahi.co.jp/matsuari/

TOPICS

ランキング

ジャンル