top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

Sexy Zone佐藤勝利主演映画『ブラック校則』にモトーラ世理奈やSixTONES田中樹ら6人が生徒役で出演

music.jp

Sexy Zone佐藤勝利主演映画『ブラック校則』にモトーラ世理奈やSixTONES田中樹ら6人が生徒役で出演(C)music.jp 佐藤勝利(Sexy Zone)が主演を務める映画『ブラック校則』[2019年11月1日(金)公開]より、新たなキャストとしてモトーラ世理奈、田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)、箭内夢菜、堀田真由、葵揚、水沢林太郎が発表された。

今作は、生徒を必要以上に縛り付ける理不尽な校則“ブラック校則”に立ち向かう高校生たちが織りなす、恋と友情の青春ストーリー。佐藤勝利(Sexy Zone)&高橋海人[※](King & Prince)演じる“創楽[そら]”&“中弥[ちゅうや]”のコンビが、ブラック校則から女子生徒を救うべく、奇想天外、ユニークな方法で戦う様子を描く。

このたび新たに発表された6人のキャストは、創楽&中弥の通う高校の個性豊かな生徒たちを演じる。創楽が恋をする女子生徒で、生まれつきの栗色の髪を黒く染めるよう強要される“希央[まお]”役を、RADWIMPSのアルバム『人間開花』のジャケット写真に起用され話題となったモトーラ世理奈、生徒会副会長かつ不良のボスで校則を使って他の生徒達を締め付ける“ミチロウ”役をSixTONESの田中樹が務める。

また、真面目すぎて規則がないと不安で生活できない生徒会長“樹羅凛[きらり]”を箭内夢菜(「3年A組 —今から皆さんは、人質です—」「俺のスカート、どこ行った?」など)、学校内でカースト上位に位置し、先生に目をつけられるくらいなら校則に従って外ではっちゃけると割り切る“ことね”を堀田真由(「3年A組 —今から皆さんは、人質です—」など)が演じる。

そして、ミチロウの手下で関西弁を話す“七浦”役を葵揚(「いだてん」「俺のスカート、どこ行った?」など)、同じくミチロウの手下である“漆戸”役を水沢林太郎(「都立水商!〜令和〜」「リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜」など)が務める。

映画『ブラック校則』の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

※高橋海人さんの「高」は「はしご高」

■映画『ブラック校則』

11月1日(金) 全国ロードショー

出演:佐藤勝利(Sexy Zone) 高橋海人(King & Prince)
モトーラ世理奈 田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.) 箭内夢菜 堀田真由 葵揚 水沢林太郎 ほか
脚本:此元和津也
監督:菅原伸太郎
企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム
配給:松竹

<STORY>
光津高校のある朝の登校風景。登校する生徒達は皆、同じような髪形、同じ制服、同じカバン、同じ靴で、個性のかけらもない。彼らは髪形、服装、行動に至るまで厳しすぎる規律を重んじる“ブラック校則”のもとで学生生活を送っていた。そんな無個性集団の中で一際存在が空気のような高校2年生の小野田創楽(おのだそら)は、クラスの最底辺で、最低の青春を生きていた。一方、同じクラスの親友・月岡中弥(つきおかちゅうや)は、教室の空気を読まず、いつも予測不能な行動で周囲を驚かせる創楽とは正反対の男子。そんな2人には気になる女子生徒がいた。彼女は学校に馴染めず、髪を黒く染めることに反発し不登校気味。生まれ持った美しい栗色の髪の彼女に恋心を抱く創楽…。そして創楽と中弥は決意する。ブラック校則をぶっ潰す!
恋と友情の行方は!? 果たしてブラック校則は!? 2人の決意はやがて学校全体をも巻き込む事態に発展していく—。

公式サイト⇒https://bla-kou.jp/

(C)2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

TOPICS

ランキング

ジャンル