top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大坂なおみも喜ぶ五輪旗手の代償 開会式準備で練習時間が削減

女性自身

大坂なおみも喜ぶ五輪旗手の代償 開会式準備で練習時間が削減(C)女性自身 「大坂選手はグランドスラムを2回制覇した実力者ですから、当然金メダルを取る可能性はあります。しかし最近の不安定さを見ていると、1年後にどうなっているかは正直わからないですね……」   こう語るのは、あるテニスラ

「大坂選手はグランドスラムを2回制覇した実力者ですから、当然金メダルを取る可能性はあります。しかし最近の不安定さを見ていると、1年後にどうなっているかは正直わからないですね……」

 

こう語るのは、あるテニスライター。アジア人初の世界ランキング1位に輝いた大坂なおみ(21)。しかし1月の全豪オープン優勝以降、大坂はスランプが続いている。格下相手に連敗し、6月には世界ランクが2位に後退。7月のウィンブルドンでは、初戦敗退という結果に終わっていた。

 

不調から脱出を図る大坂は、次なる目標を見据えている。来年7月に開催される東京五輪だ。7月24日発売の『日刊スポーツ』で「金メダルを狙いに行くに決まっている」と力強く答えた大坂。さらに、彼女から驚きの言葉が飛び出した。

広告の後にも続きます

 

《旗手? 本当に? もし頼まれたら、それほど名誉なことはないわ(中略)絶対に開会式に出たいから、いいアイデアかもね》

 

開会式で各国の顔となる旗手に自ら立候補した大坂。しかし、旗手には“代償”がともなうという。五輪に詳しいスポーツライターはこう語る。

 

「旗手は日本オリンピック委員会からの推薦で決まります。これまで卓球の福原愛さん(30)や柔道の井上康生さん(41)といった、時代を代表する選手が選ばれてきました。近年は女性が務めることも多いので、大坂選手にもチャンスは十分あるでしょう。しかし旗手は開会式に向けた準備や取材があり、自分の練習時間が削られることになります。なので、活躍が期待されている選手は受けたがらないことが多いんです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル