top_line

何もかも嫌になった時の対処法

マイナビウーマン

ストレスがたまって「もう何もかもが嫌!」と感じてしまう瞬間、そしてその状態が続いてしまうことは誰しもが直面するケースです。

そんなつらい状態にどうして人は陥ってしまうのか、そしてどうすればその状態を抜け出すことができるのか、詳しく見ていきましょう。

■なぜ、何もかも嫌になってしまうことが起こるの?

何もかも嫌になってしまう状況というのは、心に与えられるストレスが、心の回復量を上まわった状態のことを指します。

心の回復がいつまで経っても追いつかないので、嫌なことがどんどん増えていき、そしてまわりも嫌になり、今やっていることも嫌になり、自分のことすら嫌になってしまう……という何もかもが嫌になるスパイラルに陥ってしまうのです。

何もかも嫌になってしまう原因について、見ていきましょう。

◇(1)自分では対処しきれない問題を抱えている

たとえば、家族が病気でその介護が大変であるとか、仕事で責任だけは負わされても権限がないので対処のしようのない状態が続いているとき……。

自分ではどうしようもなく、解決もできないので何もかもが嫌になってしまうことがあります。

自分でコントロールができない分、心のストレスがどんどんたまっていってしまうのです。

◇(2)心に余裕を持つ時間がない

心の回復には時間が必要です。

自由な時間やただ何もしない時間、遊ぶ時間があることで疲れた心も癒すことができます。

しかし、忙しい状態になると忙しい状態を処理することだけにすべての時間が費やされて、自分が自由に使える「心の回復のための時間」が失われてしまいます。

心の回復に使う時間がないためにストレスがどんどんたまっていき、何もかもが嫌になってしまうのです。

◇(3)日々嫌な人と顔を合わせなければならない

職場に嫌な人がいたり、顧客に苦手な人がいたり、はたまた苦手な姑と同居をしていたりして、関係がよくない人と顔を合わせなければならない状態が続くと、日々ストレスがたまっていきます。

この状況が変わる気配がないと、未来に対して希望が持てず、何もかもが嫌になってしまいます。

◇(4)悩みを相談できる人がいない

仕事で抱えているトラブルや悩み、今の友人関係、恋人関係などの悩みなどを相談できる人がいない場合も、問題を抱え続けて何もかもが嫌な状態になってしまいやすいもの。

相談ができないと自分の考えがまとまらず、対処できないまま時間だけが経過するので、いい見通しが立てられないままストレスがたまって嫌になってしまうのです。

◇(5)自分を責めてしまうタイプ

ちょっとしたことでも自分のことを責めたり、反省して落ち込んだりするタイプは、責任感があり、まわりから信用される反面、自分を追い込んでしまう傾向があります。

自分を責めることで自分を追い込み、自分自身で逃げ道を閉ざしてしまった結果、何もかもが嫌と思える状態に陥ってしまいます。

■「何もかもが嫌」は身体と心が悲鳴を上げているサイン!

「何もかもが嫌」という状態は、心が悲鳴を上げている状態です。

また、心と体はつながっていますので、食欲がなくなったり、体がだるく感じたりすることもあるでしょう。

何もかもが嫌と思っている状態は心に過度なストレスがたまっているので、そのストレスを取り除いたり、ストレスを解消したりする必要があります。

何も対処をせずにこのままの状態が続くとさらに心に負担がかかり、心の病気になってしまうことすらあります。

本当につらい時には、いったん立ち止まって休んでもいいのです。

まず「自分を助けてあげる」ための行動をとってみましょう。

■もう何もかもが嫌……そんな時の対処法

何もかもが嫌、という状態になった時には、自分自身を助けてあげる必要があります。

どのようなことをすればよいのか、どのようなことを「やめれば」自分自身が救われるのかを見ていきましょう。

◇(1)プロに相談する

悩みを減らすには、自分の考えを整理して未来に対して希望を持つことが必要です。

自分の考えを整理するには誰かに相談するのが一番。

悩みが深い場合には、プロのカウンセラーやコーチングしてくれる人に話すのがいいでしょう。

そのほか、占い師に自分の気持ちを聞いてもらってすっきりするのもありだと思います。

専門家に話を聞いてもらえれば自分の考えを整理しやすく、未来に対しても何かしらの希望が見え、心が救われていきます。

そしてストレスも減っていき、今のつらい状態から少し抜け出すきっかけにつながります。

◇(2)転職する

仕事で重い悩みを抱えている場合には転職を考えるのもいいでしょう。

職場の人と退職のやり取りをしたくない場合でも、最近は仕事を辞めたいと思ったら5万円程度払えば退職の手続きを全て代行してくれるようなサービスもあります。

悩みの元が仕事にある場合には、仕事を辞めてしまえば悩みが軽くなり心が回復する可能性がありますので、重い責任や職場の人間関係で悩んでいる場合は転職などを考えましょう。

◇(3)新たな人間関係を作り、既存の人間関係を薄くする

人間関係で悩んでいる場合、このままの人間関係が未来永劫続くと感じて気持ちがどんどんマイナス方向に進んでしまうことはよくあります。

その場合は、新たな人間関係、たとえば趣味の友だちを探してみたり、Twitterなどの匿名性の高いSNSを使ってネット上で友だちを見つけたりして、新たな人間関係を作っていきましょう。

既存の面倒な人間関係は最低限の付き合いですむようにしていけば、徐々に心の負担が減ってきてストレスも軽減されます。

◇(4)強い刺激を一時的に与える

たとえば、サウナに入って体を温めて、その後に水風呂に入って体に急な温度変化を与えるとすっきりすることがあります。

体に強い刺激を与えることにより、心のストレスを一時的にリセットさせることができます。

サウナに行ったり、少し強めのストレッチをしたり、運動したりと頭が空っぽになるくらいの刺激を体に与えることにより、心を回復させられることもあるので、適度なストレスを与えるのも効果的です。

◇(5)引っ越しをする

今の状態が悪いのであれば、まわりの環境が自分に悪影響を及ぼしているはずなので何かしら環境を変える必要があります。

環境を変えるのに一番手っ取り早く効果の出やすい方法が、引っ越しです。

引っ越しは環境も変わりますし、「○○をよくしたい!」という気持ちが入りやすいです。

たとえば睡眠環境をよくしよう、という目的で引っ越しをして、ぐっすり眠れる環境を作るのもいいでしょう。

そうすれば、心の回復も早くなります。

引っ越しという環境を変えるきっかけを通して、会社からの距離などを考慮した場所選びや、自分がリラックスできるような部屋作りをしましょう。

■何もかもが嫌になったら、自分を助けてあげよう

何もかもが嫌になったら、それは自分が自分に対してSOS信号を出している状態。

その場合、自分で自分を助けてあげる必要があります。

放置せずに何かしらの対応を自分自身にとってあげましょう。

(織田隼人)

※画像はイメージです

TOPICS

ランキング

ジャンル