top_line

マツコも驚き!検索サービスの運営会社BIG3、不便な電車の乗り換えの解消法を紹介

テレビドガッチ


マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。7月30日の放送では、「ポップコーンの世界」と「乗り換えの世界」に迫る。

「ポップコーンの世界」をマツコ・デラックスに語るのは、日本ポップコーン協会会長の渋川駿伍さん、21歳。高校を卒業後、大学には進学せず「お金を使わずにドコまで行けるか?」をテーマにヒッチハイクで全国を回っていた渋川さん。和歌山で泊めてくれた家で作ってくれたポップコーンに影響を受け、お土産でもらった種を元に行く先々で作ってみたら、とても喜ばれたという。

渋川さんはヒッチハイクの旅を続けながらいち早く協会を設立。コンビニエンスストアのスナック菓子や、専門店のポップコーンを食べ続けること250種類以上、イベント会場などでの実演や、アレンジの研究に勤しんでいるという。

番組では、ポップコーンが広まった戦後70年の歴史を振り返りながら、自作フレーバー、ブレンドなど味付けが無限大に広がる進化したポップコーンをマツコが食べ尽くす。

また家で作るのが難しいキャラメル味の作り方を渋川さんが実演。「ある食べ物」を使うだけで簡単に作れるというのだが、そのレシピとは?

電車を利用する上で、役に立つのが、乗り換え検索サービス。そんな「乗り換えの世界」を語るのは、検索サービスの運営会社に勤める鉄道好きの三上雄平さん、鈴木省吾さん、廣戸晶さんの同僚3人。普段はもう一人の先輩と「乗り換えBIG4」として活動しているというが、今回はその先輩の都合がつかず乗り換えBIG3での登場に。

3人それぞれ好きなジャンルは違うという。三上さんは「秘境駅&廃線巡りの鉄人」、鈴木さんは「運賃を極めた人間計算機」、廣戸さんは「ダイヤ研究のスペシャリスト」。そんな3人が、それぞれの好きな乗り換え駅やその理由を明かしながら、知るとお得な乗り換え事情や、鉄道マニアを虜にする秘境駅、その外観から「要塞」と呼ばれている駅などを詳しく解説する。

さらに日々変貌するダンジョンの様な渋谷駅や、ちょっと不便だと言われている乗り換えの解消法を紹介する。乗換マニアならではの車窓を楽しむ軽井沢へのルートなど、3人ならではの旅も提案。地理や鉄道にも詳しいマツコを驚かす、乗り換え事情が明らかになる。

TOPICS

ランキング

ジャンル