吉本興業、5時間20分の超ロング会見 10分休憩の異例対応も… 主な質疑応答を振り返る

吉本興業、5時間20分の超ロング会見 10分休憩の異例対応も… 主な質疑応答を振り返る
 吉本興業所属の芸人らが振り込め詐欺グループの宴会に出席して金銭を受け取るなどした「闇営業」問題を巡り、岡本昭彦社長(53)が22日午後2時から都内で会見を行った。冒頭、担当者の「皆さんの質問が終わるまで会見を続けていこうと思っています」というアナウンスでスタートした会見は、途中、10分間の休憩を挟みながら、計5時間20分に及んだ。午後7時30分に終了した異例とも言える“ロング会見”の主な質疑応答を振り返る。


 大勢の報道陣を前にした岡本社長は、一連の騒動と、先立って会見をした雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)へ「つらい思いをさせてしまい、申し訳なく思っております」と深く頭を下げ「処分を撤回したい」と明言した。

 宮迫とは、19日契約を解除したが「全力で改めてミーティングさせていただき、いつの日か戻ってきてもらえるようなことがあるなら、全力でサポートしていければという風に思っております」と復帰に前向きな姿勢も。一方、闇営業の仲介役とされていた入江については「そういうお金をもらって、しかも直営業の仲介をしているということは、処分を変えるつもりはないです」と断言した。

 宮迫は会見で、問題となった宴席に参加した経緯について、仲介したカラテカ・入江から「僕がやる吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなので、そこは安心です」と聞いたため、宴席に参加したと説明。そのような状況で相手が反社会的勢力だと見抜くのは「難しい部分がある」と話していた。

 この告発について岡本社長は「事実ではありません」と断言。パネルを使いながら「吉本はイベント会社の依頼を受けてタレントを派遣し、そのイベントのスポンサーの一つが今回問題となっている特殊詐欺集団のフロント企業だったということ」と釈明し、「取引先の反社チェックをしておりましたが、そういう意味ではこの判断が甘かった」。また、社員が直営業が参加していたという一部報道についても否定した。

 闇営業問題以外にも、宮迫、亮が面談の際に岡本社長から「テープを回してないだろうな」「会見するならやってもいいけど、全員クビにする」という“圧力発言”を受けたと明かし、物議を醸している。

 記者から発言の真意を聞かれると、6月24日の謹慎発表のプレスリリースを作る際に、宮迫、亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモン・HGの4人との打ち合わせがスムーズに進まなかったため、会話を進行させるために「僕的には冗談で言った」と釈明。しかし、4人には「全く受け入れられなかった」と明かした。

 一連の騒動の要因として指摘されている事務所の“ギャラ事情”については「いろいろ『安い』等々、言われたりしてますけど“会社が9、タレントが1”ということは全くない。ざっくりとした平均値でいっても“5対5”から“6対4”です」と説明。若手芸人たちの“冷遇”を認め「そこも我々含めて頑張って、仕事の機会を増やしていく中で、金額も変えていけたらと思います。話の中でどういう形を彼らが望むか、今まで通りなのか、こうしてほしいとかあれば、新たに取り組んで行こうと思っております」と誓った。

 「芸人ファーストの体制ができていなかった」と詫びた岡本社長は、自身と大崎洋会長(65)について給与を1年間「50%の減俸処分」と報告。現時点での辞任は否定し「タレントや色んな人から怒られたりしながらも、笑いを愛して、笑いを表現する方を愛しているということは、人一倍思っている。それをどう伝えていくかという部分が未熟であり、情けない。そういった部分で信頼が得られないのであれば、その思いをもう一度、キチンと伝えるところから始めていかなければいけない」と語っていた。

更新日:2019年7月26日
提供元:TBS for スゴ得

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME